宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
すなのたね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すなのたね

  • 絵本
作: シビル・ドラクロワ
訳: 石津 ちひろ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年07月24日
ISBN: 9784065124871

B12取/25ページ

出版社からの紹介

フランスでの出版後、アメリカ、カナダ、スペインと続々と版権が売れ、各国から注目を集めているシビル・ドラクロワの翻訳絵本です。こぼれおちた砂の粒からどんどんとイメージを広げていく女の子。砂の種と名づけてどんなものができるのか弟と楽しそうに話していきます。パラソルの畑になるのかな?風車がいっぱいの畑になるのかな?アイスクリームの畑もいいね……。小さな砂粒をきっかけに、想像の世界を広げていく夏の絵本。

ベストレビュー

家から15分も車を走らせれば、もうそこは海!

タイトルの「すなのたね」にとても興味が持てたので、図書館から

借りてきました。女の子が海から帰ってきました。サンダルから、

砂粒がさらさら零れ落ちました。拾い集めて、弟のユリスと、

お花の種のようにまいて、想像を膨らませてるのがなんだか

羨ましくなったので、私も海に行きたくなりました。

「来年もみんなで海にいって、砂の種をもってかえろうな」って・・

夢がみえる絵本でした♪
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


石津 ちひろさんのその他の作品

きょうから ほいくえん / パンダしりとり コアラしりとり / もりのおくのクリスマスツリー / スノーウィとウッディ / カルメラのねがい / にんじんかりかりかじったら



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

すなのたね

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット