どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
もうどう犬べぇべ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

もうどう犬べぇべ

  • 絵本
文: セアまり
絵: 平澤 朋子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年07月
ISBN: 9784593100033

小学校低学年〜
サイズ:230×200/ページ数:35ページ

出版社からの紹介

べぇべは、いつもこまった顔をした犬です。でもじつは、「もうどう犬」という、特別な犬なのです。もうどう犬は、見えないひとといっしょに歩いて、目のかわりをする犬のこと。道にある障がい物をよけて、見えない人が安全に歩けるようにするのです。ほとんど目が見えないメグは、べぇべといっしょにくらすようになってから、毎日いろんなことに挑戦するようになりました……。実際の盲導犬ユーザーが書いた絵本で、一読すると、盲導犬の仕事はなにか、ユーザーと盲導犬の関係はどんなものかなどがわかります。最後に解説つき。

ベストレビュー

知ることの大切さ。

小学校2年生の娘が一人読みしました。
「盲導犬」のことが書かれている絵本で,小学校低学年の娘も真剣に読んでいました。
絵本を通して,介助犬など働く動物たちを知ること,そしてそれらに出会した時にどのような行動を取るべきか,とても学ぶことの多い絵本に思いました。
人と動物との絆も感じられる絵本にも思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


セアまりさんのその他の作品

もうどうけん ふりふりと まり

平澤 朋子さんのその他の作品

しずかな魔女 / モノ・ジョーンズとからくり本屋 / クルルちゃんとコロロちゃん / スウェーデン・サーメのむかしばなし 巨人の花よめ  / 唐木田さんち物語 / キミがくれた希望のかけら



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

もうどう犬べぇべ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット