まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
伊賀のキャベ丸
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

伊賀のキャベ丸

  • 絵本
作: 川端 誠
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「伊賀のキャベ丸」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年09月01日
ISBN: 9784776408710

小学校中学年から
28×21cm 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

落語絵本シリーズなどで人気の川端誠さんが描く、言葉遊びと人情味たっぷりの「野菜忍列伝」シリーズ6冊目。

時代劇風の町並みの中にたつ、一軒の洋食屋。
そのお店のお手伝いのおかるちゃんが、店の前に水まきをしていて、通りがかった2人の侍に水をチャッポンとかけてしまったからさあ大変。
「ぶれいもの!」と侍は怒り出し、通りかかったキャベツ頭の少年がとりなそうとします。
しかしキャベツ頭の少年が「水かかる。足軽いかる」と言葉遊びのような歌を口にしたことから、バカにされたとさらに怒る侍。
侍の1人の風風(ぶうぶう)流・豚山ぶた吉は、怒りにまかせて刀を抜き、対してキャベツ頭の少年……伊賀の忍者キャベ丸は、忍術で応戦します!
顔の葉が開いたり、モンシロチョウの幼虫がムクムクと大きくなったりと、あやしげな忍術でぶた吉に対抗するキャベ丸。
もう1人の侍、新陰流・野牛牛兵衛(やぎゅうぎゅうべえ)との対決は……?

のんきな顔したキャベツ顔の忍者、伊賀のキャベ丸が主人公。
最後はキャベツと、豚肉と牛肉の合い挽き肉でおいしい料理ができます。
騒動のきっかけとなった洋食屋のおかるちゃんも一安心。
キャベ丸のおかしな術と冒険活劇、おいしい結末に笑える絵本です。
巻末の見返しには料理のレシピも載っていますよ。

本シリーズは他に『忍者にんにく丸』『あっぱれアスパラ郎』『なすの与太郎』『怪僧タマネギ坊』『風雲しょうが丸』があるので、あわせてどうぞ!

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

おかるちゃんが店の前にまいた水が、お侍にかかってしまい、お侍はカンカン!
通りかかったキャベ丸が仲裁にはいりますが……。
川端誠のダジャレ満載、忍者絵本。「忍法・頭でっかち」「忍法・ベタベタ糸しばり」……次々繰り出される技の数々に、大笑いまちがいなしです。

ベストレビュー

忍法・モウチョウ炎に笑えました!

キャベツ頭の少年が、ちょっとよそ見をして粗相をしてしまった

お手伝いのおかるちゃんを助けます。

伊賀の忍者キャベ丸が、豚の顔になった忍法・豚顔や、忍法・

頭でっかちも面白かったのですが、キャベ丸の強敵の新陰流・

野牛牛兵衛との戦いで、「牛にしかきかない術の忍法・モウチョウ

炎」に、爆笑してしまいました。そのネーミングが可笑しかった!

あとがきの「コンソメロールキャベツ」食べたくなりました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


川端 誠さんのその他の作品

らくごえほん てんしき / お化けのおもてなし / 野菜忍列伝其の五 風雲しょうが丸 / 風来坊の子守歌 / 十二支のどうぶつ小噺 / おはなしばあさんと風来坊



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

伊賀のキャベ丸

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット