もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
角川つばさ文庫 ナガサキの命 伝えたい、原爆のこと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

角川つばさ文庫 ナガサキの命 伝えたい、原爆のこと

  • 児童書
編: 吉永 小百合
カバー絵: 男鹿和雄
挿絵: YUME
出版社: 株式会社KADOKAWA メディアファクトリー

在庫あり

ゴールデンウィークも配送実施
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥600 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2015年11月15日
ISBN: 9784046315519

出版社からの紹介

長崎で「あの日」起こったおそろしいこと、それは──。

1945年8月9日、それはとても静かな、夏の日でした。
せみの声しか聞こえません。
──ピカッ グォーッ! 
とつぜん投下された一発の原子爆弾によって、
長崎の町は一瞬で廃墟となりました。
そしてたくさんの命が炎に焼かれました。
3歳で実際に原爆を体験した筒井茅乃さんのお話「娘よ、ここが長崎です」で語られる
突然の母との別れ、混乱する浦上の町のようす、救助に当たる父の姿……
これらはすべて「本当にあったこと」なのです。
この物語のほかに、原爆詩6編と手記2編も収録。
“核のない世界”を強く願う、吉永小百合の平和への思いあふれる一冊!

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

吉永 小百合さんのその他の作品

第二楽章 福島への思い / 角川つばさ文庫 ヒロシマの風

男鹿和雄さんのその他の作品

秋田、遊びの風景 / ウミガメと少年 / 種山ケ原の夜

YUMEさんのその他の作品

角川つばさ文庫 新訳 メアリと魔女の花 / 角川つばさ文庫 目がみえない 耳もきこえない でもぼくは笑ってる / 角川つばさ文庫 バケモノの子 / 角川つばさ文庫 兎の眼



林木林さん×ねじめ正一さん対談インタビュー

角川つばさ文庫 ナガサキの命 伝えたい、原爆のこと

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット