たこやきようちえん たのしいえんそく たこやきようちえん たのしいえんそく
作: さいとう しのぶ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
たこやきようちえんの遠足は動物園! たこやき6人は、元気に出発しますが・・・。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
いっしょにのぼろう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

いっしょにのぼろう

  • 絵本
作: マリアンヌ・デュブク
訳: 坂田雪子
出版社: TAC出版

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「いっしょにのぼろう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年09月06日
ISBN: 9784813278801

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】お子さんやお孫さんと話をしながら読みたい、心やすらぐ絵本

出版社からの紹介

【人生について考えながら、お子さんやお孫さんに読んであげたくなる絵本! 】

───「山のてっぺんにはなにがあるの?」
───「せかいよ」

子ネコのルルはアナグマのおばあさんと一緒に、毎週日曜日に<こんもり山>にのぼります。
山の秘密や、友達をたすけること、そして自分でえらばなければならないことなど、
ルルはアナグマのおばあさんからさまざまなことを学びます。

アナグマのおばあさんとルルとのやりとりを通じて、人生について考えさせられます。
きっと、お子さんやお孫さんと話をしながら読みたくなる、心がやすらぐ絵本です。


■内容■
アナグマのおばあさんは にちようびはいつも 〈こんもり山〉に のぼっていました。
とちゅうで キノコを とったり ともだちを たすけたり。
そんな あるひ アナグマのおばあさんは いっしょに 山に のぼる ちいさな なかまと であいます。

2018年カナダ総督文学賞(フランス語/児童書部門)、2018年TDカナダ児童文学賞受賞作品。

ベストレビュー

ラストで涙ぐみました

これは、ぜったいに子供たちに読んでもらいたい!
そう心から思いました。

絵本は、やっぱり奥深いものです。こんなにかわいらしいイラストの絵本で涙が出そうになるとは思いませんでした。

アナグマのおばあさんの言葉のひとつひとつが、心にしみました。

「お山のてっぺんまでいったら自分がすごく立派に思えるね?」という子猫ちゃんに、アナグマのおばあさんはこう言います。「いいえ。草の露にきらめく、お星様のかけらくらい小さく感じるのよ」

手元に置いておき、何度も読み返したいと思いました。
(アダムのママさん 40代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


マリアンヌ・デュブクさんのその他の作品

ネズミのゆうびんやさんのなつやすみ / ネズミのゆうびんやさん

坂田雪子さんのその他の作品

テオの「ありがとう」ノート



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

いっしょにのぼろう



全ページためしよみ
年齢別絵本セット