Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱく Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱく Sassyのあかちゃんえほん ぱくぱくの試し読みができます!
監修: Sassy/DADWAY 文・絵・デザイン: LaZOO  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
世界中のママや赤ちゃんが大好き!心や脳を育むSassyの絵本シリーズ最新作!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
えほん遠野物語 おいぬさま
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

えほん遠野物語 おいぬさま

  • 絵本
原作: 柳田 国男
文: 京極 夏彦
絵: 中野 真典
出版社: 汐文社

作品情報

発行日: 2018年04月
ISBN: 9784811324807

小学校低学年から
A4変形判 32ページ

出版社からの紹介

怪談の原点『遠野物語』が、京極夏彦による新たな語りでよみがえるシリーズ、第二期。遠野の地で神の使いとしてあがめられるお犬様。その正体は......? 山もどよめくほどの大群で馬方に襲いかかり、火も怖がらない恐ろしい野獣! 遠吠えの真似をした老人をつけまわし、うなり声をあげながら、一晩中家の周りをぐるぐると周り......。その翌朝、老人が見たものとは!?  人間の魂に刻印された恐怖を、気鋭の絵本作家・中野真典が全身全霊をこめ、荒々しく描きました

ベストレビュー

狼はやっぱり怖かった

 京極夏彦の文による「えほん遠野物語」の一冊です。
 タイトルの「おいぬさま」とは狼のことで、日本では絶滅したといわれる狼ですが、遠野の村々にこれだけの逸話が伝わっているのですから、昔はたくさんいたのでしょう。
 「草の長さ三寸あれば狼は身を隠すと云へり」と、柳田国男の『遠野物語』に書かれています。
 同じ箇所を京極夏彦さんは「三寸ほどの高さの草が生えていれば、隠れることができるという」と書いていて、原文と対比しながら絵本を読むのも、大人読みとしてはいいかもしれない。

 この文章が書かれたページの絵は、一面草木の色が変わった秋の風景で、柳田の原文でいえば「草木の色の移り行くにつれて、狼の毛の色も季節ごとに変りて行くものなり」に対応させています。
 この絵本の絵を担当しているのは中野真典(なかのまさのり)さんで、おいぬさま(狼)の敏捷な動きとおそろしき力を荒々しい筆づかいと彩色で見事に表現しています。
 秋の風景も、見開きのページ全面で「草木の色の移り行く」が描かれています。
 子どもにはけっしてわかりやすい絵とはいえませんが、きっと生命の迫力は感じるにちがいありません。

 だからいっそう、おいぬさま(狼)が北に向かい、「その日を境に、遠野のお犬様は姿を消したという」と書かれた最後のページの、雪景色は哀切をともなう印象的な一枚の絵になっています。
 おいぬさまがいなくなった遠野は、どこかさみしい。
(夏の雨さん 60代・パパ )

出版社おすすめ


柳田 国男さんのその他の作品

えほん遠野物語 でんでらの / おしらさま / えほん遠野物語 ごんげさま / えほん遠野物語 ざしきわらし / えほん遠野物語 かっぱ / えほん遠野物語 やまびと

京極 夏彦さんのその他の作品

まよいが / ことりぞ / あずきとぎ / とうふこぞう / つくもがみ / うぶめ

中野 真典さんのその他の作品

ミツ / はじめての はじまり / ほんとだもん / ほのちゃん / たべたあい / どもるどだっく



幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

えほん遠野物語 おいぬさま

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット