ゆめのかなえかた ゆめのかなえかた ゆめのかなえかたの試し読みができます!
著: たかい よしかず  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
こどもも大人も、ゆめをかなえるってすてきなこと!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
川のむこうの図書館
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

川のむこうの図書館

作: 池田 ゆみる
絵: 羽尻 利門
出版社: さ・え・ら書房

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年01月
ISBN: 9784378015545

四六版/168ページ

出版社からの紹介

「図書館は好きじゃないんだ」
竜司は図書館にいやな思い出がある。
土器のかけらをきっかけに、美紀、悠人といっしょに、遺跡の調べ学習に取りくむことになった竜司。
“どうしたって、あそこへ行かなければならない” 三人で図書館へ通い、調べものを進めるうちに、いつしか、竜司の中で何かが変わっていく・・・

「本を読むよろこび」から「本で知るよろこび」まで……「本の力」をやさしく伝えます。

ベストレビュー

自由研究の結んだ仲

前作の「坂の上の図書館」を引き継いだ感のある作品だから、タイトルに「図書館」があるのだと思いますが、この作品では脇を固めています。
図書館から雑誌を持ち出してしまった経験のある母子家庭の竜司にとって、図書館は苦手な場所です。
しかも、お母さんは一抹の不安ありの存在です。
そんな腰の引け気味の設定から、竜司を救ったのはふるさと公園のおじいさんの存在と、自由研究のグループという急造の仲間たちでした。
竜司が自分を表現していく過程が素晴らしいと思いました。
脇でしっかりサポートしている図書館も大好きです。

(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


池田 ゆみるさんのその他の作品

坂の上の図書館

羽尻 利門さんのその他の作品

すき / じいじが迷子になっちゃった / わくわく!れっしゃでかぞくりょこう / ごめんなさい / 夏がきた / はなまつりにいきたい



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

川のむこうの図書館

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット