なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
はるをつかまえた うさぎちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はるをつかまえた うさぎちゃん

  • 絵本
原作: 延原清子
文・絵: いもと ようこ
出版社: ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,280 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年03月
ISBN: 9784564018824

25×25cm 24ページ

出版社からの紹介

みんな「はるが きた!」って
うれしそうに しています。
でも、うさぎちゃんは
“はる”って どんなものか しりません。

「“はる”って なんだろう?」

うさぎちゃんは かんがえました。

春をまだ知らないうさぎちゃん。「春ってどんなもの?」と聞きますが誰にも答えられません。そこで冬眠中のクマさんのところへ行き…
心がほぐれる いもとようこの 春の絵本

ベストレビュー

缶詰

プレゼントでいただいた絵本です。
0歳の子供には、まだ早い内容ですが、春がくるたびに読んであげたいと思います。
春を疑問に思う、うさぎちゃんがすごいです。
大人になると、あたりまえなので、春を疑問に思うことはありません。
皆に聞いても、なかなか春の答えがかえってきません。
春を教えてもらい、それを皆に教えてあげるうさぎちゃん。
春を缶詰につめる発想が、昔サービスエリアで売っていた「石の缶詰(トンネル工事ででた、石?)」を思い出し、思わず微笑んでしまいました。
(きみーさん 30代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


延原清子さんのその他の作品

たねどんどん

いもと ようこさんのその他の作品

できるかな? かぞえてみよう 1・2・3 / ほたると ばらの花 / できるかな? どうぶつ いえるかな / できるかな? にっこり おかお / できるかな? ぱっぱ おきがえ / かみそりぎつね



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

はるをつかまえた うさぎちゃん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67

ママの声 2人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット