話題
オオイシさん

オオイシさん(偕成社)

全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
くだもの ぱくっ
  • ちょっとためしよみ

くだもの ぱくっ

  • 絵本
作: 彦坂 有紀 もりと いずみ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年09月13日
ISBN: 9784065127964

32ページ

みどころ

『パンどうぞ』『ケーキやけました』など、何とも言えずおいしそうな絵本を次々と木版画で
制作している、彦坂有紀さんともりといづみさん(彦坂木版工房)。
今回は「くだもの」がテーマです。
皮付きのみかん。
ページをめくると……
「むきました ぱくっ」
きれいに皮をむかれ、白い筋が浮かび上がる、みずみずしいみかん!
「ぱくっ」と口をあけたくなっちゃいます。
お次はバナナ。ちょうどよい熟れ具合のバナナも……。
「むきました ぱくっ」
紫色のブドウも、薄緑にほのかにかがやくメロンも。
かたい木を削って彫られ、摺られた木版画だとは信じられないような、艶めいた生々しい果物
がころんと描かれています。
水気さえ感じる繊細な色のグラデーション、形の美しさにほれぼれ。
とにかく子どもは目をまるくして、その「おいしそう」で「きれい」なものの登場に心を奪わ
れます。
思わず手がのびていっしょに……「ぱくっ」。
そして笑顔になります。
最後は、あるくだものをはさんだサンドイッチが……!
これぞ、大人も子どもも「ぱくっ」としたくなる、彦坂木版工房さんならではの心をくすぐる
おやつ。
ぬくもりを感じる美と、くりかえしの楽しさに身をゆだねて、親子で「ぱくっ」としてくださ
いね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

みかんを むきました。ぱくっ。バナナを むきました。ぱくっ。ぶどうを むきました。ぱくっ。メロンは きりました。ぱくっ。木版画で描かれた、子どもの大好きなくだものたち。くだものの食べ方、そして、ぱくっと食べる楽しみを味わえる一冊です。読み聞かせ1歳から ひとり読み3歳から


みかんを むきました
ぱくっ
バナナを むきました
ぱくっ
ぶどうを むきました
ぱくっ
メロンは きりました
ぱくっ

木版画で描かれた、子どもの大好きなくだものたち。
くだものの食べ方、そして、ぱくっと食べる楽しみを味わえる一冊です。

読み聞かせ1歳から ひとり読み3歳から

ベストレビュー

読んでいると食欲をそそります。

これもいいですね〜。
彦坂有紀さん×もりといずみさんの作品はどれも登場する食べ物がリアルでおいしそうで、読んでいると食欲をそそります。
これは「くだもの」バージョンなので、それぞれの果物に合った切り方むき方で描かれています。
特に表紙絵にもなっているリンゴは皮の筋の入れ方といい、かぶりついたときの歯形の感じといい、とてもリアルでした。

一つ気になったのは、マンゴーを入れていたこと。
マンゴージュースなど、商品としてはよく出回ってきた果物ですが、生を見る小さいお子さんはなかなか少ないかなと、思いました。
作者のどちらかがお好きなのかもしれませんね。
「スープ」や「パン」はよくお話会で使っていました。これからはこの「くだもの」も仲間入りさせます。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


彦坂 有紀さんのその他の作品

どうぶつクッキー / パンふわふわ / スープになりました / コロッケ できました / ケーキやけました / パン どうぞ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > くだもの ぱくっ

【連載】最終回 廣嶋玲子さんインタビュー

くだもの ぱくっ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット