こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おどりたいの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おどりたいの

  • 絵本
作: 豊福 まきこ
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年09月01日
ISBN: 9784776408802

26p×21p 32ページ


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるテーマ

みどころ

深い森のはずれにある美しい音楽の流れるたてもの。
中では、白いチュチュを着た女の子たちが音に合わせて踊っています。

「わたしも おどりたい…!」

窓の外からのぞいた途端、ひと目で魅せられてしまったのは、なんと小さな白いこうさぎ。思わず扉をたたき、中に入っていくのです。

驚いたのはバレエの先生、だけど彼女はこうさぎを招き入れます。
そして、場所をつくってレッスンを一緒に受けさせてあげるのです。
さあ、こうさぎのダンスが始まりますよ。
音楽にのってアン、ドゥ、トロワ♪
…なんて愛らしいのでしょう!!
手足の短いこうさぎは、みんなと同じように出来ない事が沢山あるけれど、ジャンプだけは誰にも負けません。なにせ、うさぎですからね。

そんな楽しげな様子を見て、他のこうさぎたちも教室に集まってきます。
こうして真っ白なこうさぎの小さな勇気は、まわりを巻き込んでいき、やがて信じられないほど美しい場面へと導いていき…。

ダンスに憧れる全ての子どもたちに。幻想的で美しいものに強く惹かれる子どもたちに。そのイメージをどこまでも広げてくれる珠玉の1冊が誕生しました。私もすでにこのこうさぎの虜です。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

森のはずれでバレエに出会った、まっ白な子うさぎ。うさぎだけど踊りたい! 勇気を出して扉をたたいた子うさぎを、先生は優しく迎え入れてくれました。
さあ、リズムに乗って1、2、3。 楽しげな様子に、他の子うさぎたちも集まってきて…。

ベストレビュー

「すげえ」

お薦めの本として紹介されていたので、
図書館で借りて読みました。

まず、絵が可愛い。

子どもたちは、うさぎが人間の中に混じってバレエをする場面で
「ええ〜」と言いながら、嬉しそう。
そして、仲間のうさぎもバレエをする場面では大笑い。
最後の場面では「すげえ」とうさぎたちの努力や
幻想的な絵に対してだと思いますが、感心していました。

優しい柔らかいお話や絵なのに、
やる気を与えられ、勇気が出てきました。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさんの試し読みができます!
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

豊福 まきこさんのその他の作品

わすれもの



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

おどりたいの

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット