魚市場 魚市場
絵・構成: 沢田 重隆  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
お魚は好き? 築地を舞台に、魚の流通のしくみやさまざまな魚の種類などを、細密かつダイナミックなイラストで紹介します!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
大坂オナラ草紙
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

大坂オナラ草紙

著: 谷口 雅美
イラスト: イシヤマ アズサ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

平太は大阪で暮らす小学五年生。特技は絵を描くことだが、転校前に描いた似顔絵で友達を傷つけ、もう人は描かないと決めていた。
 ある日、平太はおじいちゃんの古文書を見ているうちに、江戸時代へタイムスリップし、同い年の少女・お篤と出会う。泥棒の疑いをかけられたお篤を救うために平太が描いた人相書きが評判になるが、食べすぎたおいものせいでオナラをしたとたん、現代に戻ってしまった。その後も平太は時空を行き来し、現代では学級新聞コンテストへの挑戦が決まり、江戸時代ではかわら版屋の絵師として雇われて、「象さま行列」の絵を描くことになる。過去との出会いにより、現在と未来の自分達についても考えるようになる平太。古文書、瓦版と新聞、人相書きと似顔絵・・・・・・今も昔も「書き記すこと」によって時間や距離を超えて繋がっていく人と人との絆を描く、人情溢れるエンターテイメント小説。確かな構成と文章力で「もしこの新人賞がエンターテイメントの賞だったらこの作品が優勝でした」と選考委員から絶賛された作品です。

ベストレビュー

なかなか面白い

本が光ると江戸時代に入り込みオナラで戻る、、、

そんな主人公のお話で面白い。矢立てとかも文化紹介としていいと思う。子供は面白がって読んでいました。

小5におすすめ。

男女とも楽しく読める作品で、大人の私も楽しかったです。そして、仲良くなった子は実は主人公と関係があったりして。楽しんで読んでください。
(えみりん12さん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


イシヤマ アズサさんのその他の作品

ぼくらの一歩30人31脚 / くいしんぼうの こぶたの グーグー / 11歳のバースデー ぼくたちのみらい 3月13日四季和也 / 11歳のバースデー ぼくらのスマイル・リップ 12月25日冬馬晶 / 11歳のバースデーおれのバトル・デイズ 10月7日伊地知一秋 / 11歳のバースデー わたしの青空プール 8月10日夏木アンナ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

大坂オナラ草紙

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット