新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
出発  から草もようが行く

出発 から草もようが行く

作・絵: 小泉 るみ子
出版社: 新日本出版社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年06月
ISBN: 9784406062411

A4判変型上 32P

出版社からの紹介

朝早く、浩は家を出ました。結婚が決まったねえさんの嫁入り道具を運ぶのです。予科練に志願して命は国にささげるのだと思っていました。それなのに、今日からは生きろといわれても……。リヤカーをひいてすすむ道すがら、バラックがたち並ぶ焼け野原の町で、浩は人々と出会い、温かな励ましをうけるのです。

ベストレビュー

生きるということ

国のために死ぬことを教育された青年が、その呪縛から解き放されたときに、生きるということは後ろめたさであり、掴み所のない不安な世界だったということは、悲しいほどに伝わってきました。
そんな心を開いてくれたのが姉の結婚であり、嫁入り道具を運ぶために品川から松戸までリヤカーを引いたことだったということは、とても象徴的です。
人の幸せを考えること、戦争のこと以外に労働を見つけたこと、きっとトラウマから解き放される行程なのですね。
唐草模様の大風呂敷も意味深く感じました。
日ごろ東京から松戸に渡る橋を通ることが多いだけに、江戸川はどの様に見えただろうかと、想像してしまいました。
決してつけ足しではなく、戦争は繰り返してはいけないし、人の心を縛りつけてはいけないと痛感します。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


小泉 るみ子さんのその他の作品

富士山のむこう側 / ヘレーじいさんのうた / ありがとうげんきでね / ムカッ やきもちやいた / わらいじぞう / きょうはやきにく


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 出発 から草もようが行く

編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

出発 から草もようが行く

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット