あめあめふれふれ ねずみくん あめあめふれふれ ねずみくん
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
雨がふってきたので、カサをさしたねずみくん。ところが仲間がつぎつぎやってきて、「カサなんていらないよ!」しょんぼりしていたねずみくんですが……。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ジャーニー 国境をこえて
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ジャーニー 国境をこえて

  • 絵本
作: フランチェスカ・サンナ
訳: 青山 真知子
出版社: きじとら出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年09月
ISBN: 9784908214103

小学生・中学生
42ページ サイズ:21.5×28.5cm

出版社からの紹介

◆2017年アムネスティCILIP特別賞(ケイト・グリーナウェイ賞)◆
◆全米イラストレーター協会ゴールドメダル◆
◆エズラ・ジャック・キーツ賞次点◆
◆第24回いたばし国際絵本翻訳大賞(英語部門)受賞作品◆
◆アムネスティ・インターナショナル日本 推薦◆

いつかきっと、安心してくらせるところへ、たどりつけますように。


戦争がはじまり、なにもかもがめちゃくちゃになった――。よその国をめざして森を抜け、海を渡り、母と子のながいながい旅が続きます。子どもの目線で語られる、心を揺さぶる物語。グラフィカルなイラストレーションが美しく、発表以降たちまち20ヵ国語に翻訳された注目作です。

ジャーニー 国境をこえて

ベストレビュー

母と子の長い長い旅

図書館で何気なく借りてきた絵本ですが、戦争で父親をなくし、母と子ども二人が、「安心して暮らせるところ」をさがして果てしない旅を続けるお話でした。母と子の果てしなく続く長い長い旅に、いつか安心して暮らせるところにたどり着けますようにと祈りたいと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


フランチェスカ・サンナさんのその他の作品

ひみつのビクビク



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

ジャーニー 国境をこえて

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット