話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
ジャーニー 国境をこえて

ジャーニー 国境をこえて

  • 絵本
作: フランチェスカ・サンナ
訳: 青山 真知子
出版社: きじとら出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年09月
ISBN: 9784908214103

小学生・中学生
42ページ サイズ:21.5×28.5cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

◆2017年アムネスティCILIP特別賞(ケイト・グリーナウェイ賞)◆
◆全米イラストレーター協会ゴールドメダル◆
◆エズラ・ジャック・キーツ賞次点◆
◆第24回いたばし国際絵本翻訳大賞(英語部門)受賞作品◆
◆アムネスティ・インターナショナル日本 推薦◆

いつかきっと、安心してくらせるところへ、たどりつけますように。


戦争がはじまり、なにもかもがめちゃくちゃになった――。よその国をめざして森を抜け、海を渡り、母と子のながいながい旅が続きます。子どもの目線で語られる、心を揺さぶる物語。グラフィカルなイラストレーションが美しく、発表以降たちまち20ヵ国語に翻訳された注目作です。

ジャーニー 国境をこえて

ベストレビュー

心の動きに注目

地名などの明記がないので、ストーリーが若干抽象的かつファンタジーのようになってしまっていると感じました。
でもその分怖いと思う印象が少なくなるので、母親の苦労や悲しみ、子供達の心の動きが中心となり、読み手の心に伝わるかなとも思いました。
(hime59153さん 40代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふきだしのフッキー
    ふきだしのフッキー
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    モノの声を代弁することができるフッキー。「ごめん」が言えないゆうくんのもとへ、フッキーがやってきて…

フランチェスカ・サンナさんのその他の作品

ひみつのビクビク


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > ジャーニー 国境をこえて

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

ジャーニー 国境をこえて

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット