宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おっと あぶない!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おっと あぶない!

  • 絵本
著: サトウ マサノリ
出版社: パイ インターナショナル パイ インターナショナルの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おっと あぶない!」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年09月12日
ISBN: 9784756250940

A4判変型(250×221 mm) ・38ページ(Full Color)

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


絵本レビュー大賞2018 対象作品!3000円図書カードのチャンス

出版社からの紹介

昔々、わしらがまだカエルではなかった頃の話じゃ。わしらの祖先は、突然大きな敵に襲われた。仲間は次々食われていったが、ジャンプするものや木に登るものが現れ、姿を変えてたくましく生き残った──。カエルたちに語り継がれる、もうひとつの進化の物語。

おっと あぶない!

おっと あぶない!

ベストレビュー

カエルの未来に幸あれ!

息子がカエルの本だよ!と選んだ本。カエルが苦手な私は、ちょっとドキドキしながら読みました。
長い歴史のなか何度も訪れる命の危機に、頭を悩ませ、苦労をして乗り越えてきた話がカエル目線で描かれています。ひっぱったり、さまざまな工夫を重ねたり、いろんな相手にねらわれながら、さまざまな「おっと あぶない!」を仲間たちと乗り越えて、今の姿になったんのかなと感じました。息子は、おどろいてばかりいましたが、前よりもっとカエルが好きになったみたいです。
読んだあと、庭先でみかけたのですが、ほんの少し親しみが湧いて「いろいろ大変だったんだね」とねぎらいの声をかけてみました。
なんだか物の見方もかわれば、カエルとの距離も近くなる絵本でした。
(うめちびさん 30代・ママ 女の子7歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆき
    ゆきの試し読みができます!
    ゆき
     出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
    雪が降るとだれもがくちずさむあの歌が、はたこうしろうさんのイラストで絵本になりました。

サトウ マサノリさんのその他の作品

ちかてつライオンせん



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

おっと あぶない!

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット