もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ぼくのわがまま宣言!
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぼくのわがまま宣言!

  • 児童書
著: 今井 恭子
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年08月17日
ISBN: 9784569787992

小学校高学年から
四六判/並製/171ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

小学5年生の翔は、パパがベルギーへの転勤が決まり、ママが仕事で忙しくなるという理由で、田舎のおばあちゃんの家に自分だけ引っ越すことになった。共働きの両親の都合とはいえ、いつも自分ばかりが犠牲になり、損ばかりしていると感じていた。そこで、おばあちゃんの家で犬を飼うことを引っ越しの条件にした。ところが、おばあちゃんは裏山のタヌキ一家が怖がるからという理由で、犬を飼うことを許してくれなかった。

 新しい学校に通いはじめた翔は、都会に比べて何もない田舎や、同じクラスの咲良にうんざりしていた。しかし、自然豊かな田舎にも慣れ、少しずつクラスの仲間とも打ちとけていく。そんな中、ママの生い立ちや、なぜママが仕事に打ち込むのかを知ることになる。さらに、おばあちゃんに思いがけない出来事が起こり……。

 大人の都合に振り回されながらも、家族との関係を見つめ直し、自分がやりたいことを見つけていく少年を描いた成長物語。

ベストレビュー

親の都合で転校

親の仕事の都合で転校することになった主人公。
そこまで抵抗もなく、けっこうクールですね?まあ言っても仕方がないことなのかもしれませんが。そんな彼なのに交換条件を出すところはわりとしたたか?…果たされてませんけど。
今は共働きの家は当たり前となっていますねー。
おばあちゃんに頼れるのなら、心強いとは思いますが、おばあちゃんにあまり負担をかけすぎてはだめですよ!我が家もおばあちゃんにはお世話になっていますので、気を使いたいです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今井 恭子さんのその他の作品

ギフト、ぼくの場合 / キダマッチ先生!(4) 先生 町へ いく / キダマッチ先生!(3) 先生 手紙を かく / キダマッチ先生!(2) 先生 かんじゃを 食べちゃった!? / こんぴら狗 / キダマッチ先生!(1) 先生 かんじゃに のまれる


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > ぼくのわがまま宣言!

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

ぼくのわがまま宣言!

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット