ロングセラー
おいし〜い

おいし〜い(くもん出版)

赤ちゃんの笑顔はまわりのみんなを幸せにしてくれます。累計発行部数33万部突破の人気シリーズ第2巻!

  • かわいい
  • ギフト
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

あした、がっこうへいくんだよ

あした、がっこうへいくんだよ

  • 絵本
作: ミルドレッド・カントロウィッツ
絵: ナンシー・ウィンスロー・パーカー
訳: せた ていじ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り6

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1981年
ISBN: 9784566002432

この作品が含まれるテーマ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】2021年2月 出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

みどころ

「おやすみ、ウイリー。
 あした、きみ がっこうへいくんだよ。」

大丈夫、学校って素敵なところさ。
だから、おやすみ。
君は大きくなったんだから、灯りを消しても寝れるよね。
……でも、今夜だけ。

「ウイリー? まだおきてるの?」

のどが渇いてるんだ!
ぼくも飲んでいい? ああ、落ち着いた。
もう寝れるよね。

一晩寝たら初めての学校の日。楽しみだってあるけれど、やっぱりちょっと落ち着かない。不安だってある。だけど、ぼくだってこんなに大きくなったんだから、きっとがんばれる。先生に会って、給食を食べて、友達にも会って……。

行ったりきたりの気持ちを聞いてくれるのは、大好きなクマのぬいぐるみ、ウイリー。新しい一歩を踏み出そうとする彼を見送ってくれるのだって、ウイリー。自分をはげまし、奮い立たせる方法は色々あるし、ちょっぴり時間だってかかるもの。この愛らしくも健気なやり取りこそ、大切で邪魔をしてはいけない瞬間なのです。

さあ、いってらっしゃい。急がなくても大丈夫、 ウイリーと一緒に、その背中をしっかり見守っているからね。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

あした、がっこうへいくんだよ

出版社からの紹介

「おやすみ、ウィリー。あした、きみがっこうへいくんだよ」。はじめて学校へいく前の晩、希望と不安にゆれる男の子は、その気もちをぬいぐるみのクマにかたりかけます。自分をはげまし元気づけようとする少年の心を、あたたかいタッチで伝える絵本。

ベストレビュー

ドキドキして眠れない

主人公の男の子は、明日から学校に通います。

たぶん、ドキドキして眠れないのでしょう。

ベッドに入ってからも、おもちゃのベッドに寝かせたぬいぐるみのウイリーに、たくさん話しかけます。

夜が少しづつ深まって、空が黒く黒くなっていきます。
それでも眠れずに、男の子はウイリーの世話をします。

たぶん、不安なのでしょう。

ウイリーに言う言葉は、男の子自身が言ってもらいたい言葉。
ウイリーにすることは、男の子自身がしてもらいたいこと。

安心したくて何度も何度も話しかけ、しまいには自分のベッドに入れて、一緒に寝てしまいます。

男の子は、朝にはちゃんと準備をして出かけます。



夜の間の不安を見てきた読者のお子さんたちは、
「おとこのこが がんばったんだから、 ぼくも(わたしも) がんばらなくちゃ」
と、自分を奮い立たせることでしょう。
(めむたんさん 40代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


せた ていじさんのその他の作品

三びきのやぎのがらがらどん(大型絵本) / 馬車でおつかいに / ロバのシルベスターとまほうの小石 / オニヤンマ空へ / 『おやすみなさいおつきさま』ができるまで / チムとゆうかんなせんちょうさん チムシリーズ 1


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > あした、がっこうへいくんだよ

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【大日本図書株式会社】

あした、がっこうへいくんだよ

みんなの声(38人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 31人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット