もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
うっかりの玉
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うっかりの玉

  • 児童書
作: 大久保 雨咲
絵: 陣崎 草子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年09月
ISBN: 9784062207348

判型 B6変型 ページ数 112ページ

出版社からの紹介



江國香織さん推薦! 
「世のなかは、こんなふうにできている(のかもしれない)。
ひっそりした一編ずつに、なつかしい時間と場所がひそんでいる。」

 何をするために台所まで来たのかを忘れてしまったばあさまが、家の中に現れた青い着物の女の子から、忘れたものが入っている玉を取り戻そうとする表題作「うっかりの玉」をはじめ、おじいさん・おばあさんを主人公にした短編ばかりを集めたこれまでにない童話集です。
 著者の大久保雨咲(うさぎ)氏は、身近な題材を鋭く、そしてあたたかく切り取る注目の童話作家。前作『ドアのノブさん』はテレビでも紹介され話題になりました。
 『うっかりの玉』は、高齢化社会の今こそ、子どもに、そして大人にも読んでほしい、新しい童話の形です。

ベストレビュー

6つのお話

おばあさん・おじいさんが主人公な6つのお話が読めます。
短編で読みやすいかな。
表題にもなっている「うっかりの玉」が私は一番印象に残りました。
忘れたものが入っているといううっかりの玉。私もうっかり多くなってきました。年かしら?
ほかのお話もちょっと変わった話だったりします。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


大久保 雨咲さんのその他の作品

雨の日は、いっしょに / あらいぐまのせんたくもの / ドアのノブさん / ずっとまっていると

陣崎 草子さんのその他の作品

おきなぐさ / こだわっていこう / ウシクルナ! / おしりどろぼう / NHKオトナヘノベル 仮面シンドローム / オムライスのたまご



【連載】第1回「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」シリーズ 紅子さんインタビュー

うっかりの玉

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット