チコちゃんに叱られる チコちゃんに叱られる
文: 海老 克也 絵: オオシカケンイチ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
あの「チコちゃんに叱られる」が絵本になりました!知られざるチコちゃん3歳の時のお話
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ナージャの5つのがっこう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ナージャの5つのがっこう

  • 絵本
著: キリーロバ・ナージャ
絵: 市原 淳
出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年09月15日
ISBN: 9784477031309

みどころ

作者のキリーロバ・ナージャさんは、小学生の時に数学者のお父さんと物理学者のお母さんのお仕事の関係で、5カ国(ロシア・イギリス・フランス・アメリカ・日本)の学校に通いました。
この絵本には、その5つの国の学校に通う時の持ち物、教室の様子、学校での一日などが紹介されています。
それぞれの国の小学校とは違うところがたくさんあって、子供心にそれは不思議でとても刺激的だったのではないでしょうか。

そんなナージャから見れば日本は、みんな同じ黄色い帽子を被って同じランドセルを背負ってるのはなぜ?
さかあがりって? くみたいそうって? うわばきって? ぼうさいずきんって?
「って?」がいっぱい。
ナージャの視点を通して5つの国の文化が垣間見れると共に、私たちの当たり前は当たり前じゃなかったんだ!という発見があります。
太陽を黄色じゃなくて赤で描くんだよね、不思議!と、ナージャに言われて、そういえば…そうよねって思ったり。

最後は、こんな教室があったら、とナージャと弟のサーシャが想像して、読者に「きみならどう?」と問いかけて終わります。

グローバル、ダイバーシティの時代と言われてもなかなか実感がわきにくい日本人ですが、
世界に目を向けるまず第一歩として、この絵本は楽しい入り口になるでしょう。
字が読めるようになった頃から小学生全学年向き。
シンプルで可愛いイラストがとても読みやすく、プレゼントにも良さそうです。

(山田裕子  小学校司書)

出版社からの紹介

著者自身の子どもの頃の体験を絵本に。5カ国の小学校がみんなちがっていることには、ちゃんと理由があるんだね、という視点で、5カ国の違いを楽しく比較。多様性のおもしろさがわかる1冊。親子で読んでも、クラスで読んでも愉しめます!

ナージャの5つのがっこう

ナージャの5つのがっこう

ベストレビュー

世界をまたに掛ける転校

世界各国の小学校の様子に、大変興味がわく絵本です。
小学生だった著者の実際の体験なので、国ごとの違いが身近かでわかりやすいです。
転校してきたお友だちがいる時も、役に立つ視点があります。
転勤、転校の季節にもふさわしい絵本だと思います。

国内の転校でも、新たな環境に苦労した話はよく聞きます。
著者のナージャさんは大変な経験をされたとお察ししますが、それだけグローバルに、そしてたくましくなられただろうと思います。

いろんな国での生活を経験されたナージャさんが、現在日本で仕事をされていることに、親近感を感じました。
(みいのさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


市原 淳さんのその他の作品

あーん / たまごの うた / もいもい / ゆうびんやさんの ココリさん / バスの うんてんしゅの エレフさん / しょうぼうしの サルサさん



「おしえて!コロ和尚 こどものどうとく」シリーズ監修・釈徹宗さんインタビュー<br>

ナージャの5つのがっこう

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット