なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラ なかよし ちびゴジラの試し読みができます!
作: さかざきちはる  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
ひとりぼっちのちびゴジラに、ともだちできた!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ききゅうがとんだひ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ききゅうがとんだひ

文: 柴田 晋吾
絵: 上矢津
出版社: 文研出版

本体価格: ¥1,068 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ききゅうがとんだひ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

緑が全くなくなってしまったら 動物たちはどうなるの?

「あーあ ながい あいだに みんなで 木をどんどん 切ってしまったから」
そのため 大雨で崖が崩れ 暮らす場所がなくなったのです
そのため 気球にのって 「みんなで暮らせる場所を さがしにいこう!」
昔の緑豊かな様子 「木登りしたり ブランコに乗ったり あー 楽しかった」
とがげたちが 気球目指して 荒れ果てた 砂漠のようなところを歩いています
カタツムリや カブトムシ ちょうちょが死んでいます
荒れ果てた 土地に 魚のホネや 貝殻があります

木を倒し 緑が無くなると言うことが どんなに おそろしいことか」気がつくのです
そして りすや ウサギやキツネの足跡が 見てました
いろんな動物たちが 気球に乗っています
気球が飛び立とうとしたとき 動物たちは 双眼鏡で 荒れ果てた土地をながめると    なんと 緑の 双葉が見えたのです
動物たちは喜びます    緑を見つけ みんなで もどろうと気球から降りて 駆け出すのです
どんなにか 緑が大事か みんなは知っています 
人間への警鐘でしょうか?
むやみやたらに 木を切り倒してはいけませんと 教えてくれているのですね
(にぎりすしさん 60代・その他の方 )

出版社おすすめ


柴田 晋吾さんのその他の作品

四季のえほん はるですよ / 四季のえほん ふゆですよ / 四季のえほん あきですよ / 四季のえほんなつですよ / もみのきのクリスマス / トントコトンがあいずだよ

上矢津さんのその他の作品

森の水はうたうよ / お父さんのハト / 百年の蝉 / ぼくのお姉さん / きんのさかな / とびうおのきょうだい



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

ききゅうがとんだひ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット