わたしたちのえほん わたしたちのえほん わたしたちのえほんの試し読みができます!
文: 南谷 佳世 絵: 大畑 いくの  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
交錯する二つの物語。あなたにとっての「わたしたちのえほん」はなんですか?
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ライオンの風をみたいちにち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライオンの風をみたいちにち

  • 絵本
作: あべ 弘士
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年09月10日
ISBN: 9784333027828

3歳から
A4判 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

広大なアフリカの大地で日々、家族と仲良く暮らし、心に残る印象的なシーンに遭遇したときに俳句を詠む、ライオンのお父さんが10年ぶりに帰ってきました。
「とうさん、きょうは どこへ いくの」
「とうさんは、きめています。風を みにいきます」
「えーっ 風って みえるの?」
「みえます」――。
ライオン父さんが子どもたちを連れて散歩に出かけた先で見つけるさまざまな“風”の姿を叙情豊かに描きます。あべ弘士さんが描くアフリカの情景は圧巻。俳句が出てくる絶妙なタイミングもぜひお楽しみください。

ライオンの風をみたいちにち

ライオンの風をみたいちにち

ベストレビュー

やはり渋い

『ライオンのよいいちにち』、『ライオンのへんないちにち』、『ライオンのながいいちにち』に続く作品。
ライオンのとうさん、やはり渋いです。
子どもたちと散歩に出かけたとうさん、風を見に行くんですって。
もちろん、とうさんのお目当ては、俳句。
どうです、この表情、たまりません。
作風は、ライオンらしく、シンプルですが、俳句だけに滋味深いです。
あべ弘士さんだからこそ描けるアフリカの情景が見事です。
また、様々な生き物たちとの関係性も説得力があります。
小学生くらいから、この境地、体感してほしいです。
(レイラさん 50代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…

あべ 弘士さんのその他の作品

えほん なぞなぞうた / 短編集 あらしのよるに / ちび竜 / しもやけぐま / どうぶつ友情辞典 / うみどりの島


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ライオンの風をみたいちにち

中川ひろたかさん、まるやまあやこさんインタビュー

ライオンの風をみたいちにち

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 1
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット