もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
くろいの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くろいの

  • 絵本
作: 田中 清代
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年10月11日
ISBN: 9784033328805

19cm×23cm/64ページ

関連するスペシャルコンテンツ


3冊まで投票できる!えほん祭り開催中

みどころ

タイトルと表紙に強烈に惹きつけられます。
くろいの、っていったい何?
なんとも奇妙で不思議な味わいに満ちた作品です。

女の子が町で見かけた「くろいの」。
全身まっくろで、大きな目を持っているけど、動物でも人間でもないみたい。
へいの上にいたり、バス停にぽつんと座っていたり。
なんだろう? なにしてるんだろう? と、気になる存在。
どうやら大人には、くろいのは見えないらしい。

ある日思い切って声をかけてみたら、とことことこっと歩きだした。
へいの穴をくぐった先にあったのは、素敵なお庭をもつ、どこかなつかしい日本家屋。

くろいのはしゃべらないけれど、でも不思議と、一緒にいるととっても落ち着く。
くろいのに誘われて、おしいれを通って屋根裏にあがってみると、そこに待っていたものは……!

黒と白のみで描かれた絵なのに、草や花や木のにおい、夕焼けの色、温かさややわらかさまで伝わってくるのが、たまらなく魅力的なのです。

くろいのの正体はわからない。
おばけなのか、妖怪なのか、妖精なのか……。
もしかしたら、子どものほうがなじみのある存在なのかもしれません。

作者の田中清代さんは、『おばけがこわいことこちゃん』『トマトさん』など子どもたちに大人気の絵本を手がけている方です。

(山田裕子  小学校司書)

くろいの

くろいの

出版社からの紹介

ひとりで帰るいつもの道で、女の子が不思議ないきものをみつけます。どうやら、自分にしか見えていないみたいです。ある日、思いきって声をかけると、そのくろいの≠ヘ、台の上からおりてきて、とことこ歩きだしました。ついていくと、へいの穴からもぐりこんだのは、ほどよく古びた日本家屋。そこは、くろいのの家でした。
おしゃべりはしないまま、居心地のいい居間でお茶を飲んだあと、くろいのは女の子を、押し入れの中から屋根裏につれていってくれました。そこに広がっていたのは、暗闇の中にキノコやコケが光る幻想的な世界。ブランコやすべり台で思いきり遊んだあと、ふたりは大きな生きものの柔らかな毛なみにつつまれてぐっすり眠りました。お母さんの夢を見た女の子は、また、くろいのとともに居間にもどってきます。
わかれぎわ、くろいのは一輪の花をくれました。帰り道のとちゅうで、お父さんとばったり会った女の子は、ふたりでなかよく家にむかいます。

ひとりでいるときの子どもの心に優しく寄り添ってくれる不思議な生きもの、くろいの。そのくろいのとわたしの愛おしくなる出会いを描いたあたたかな絵本。

ベストレビュー

いいな

不思議な存在「くろいの」
ほんと、「くろいの」としか言えないけど、
こんなのがいたら子どもの世界は楽しいでしょうね。

押し入れの中の広い不思議な空間で
特に言葉もないけれど
(いつもだと文がないと文句を言ってくる・・・)
子どもたちは「うわー」と驚き、
「いいな」と言っていました。

でも、目はずっと怖かったです。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • とろ とっと
    とろ とっと の試し読みができます!
    とろ とっと
     出版社:くもん出版
    とろ とっと とろ とっと…トロッコ電車は走ります。内田麟太郎×西村繁男のユーモア絵本!

田中 清代さんのその他の作品

うおいちば / みつけたよ さわったよ にわのむし / ゆきひらの話 / 長ぐつをはいたネコ / 日本語を味わう名詩入門(8) 高村光太郎 / みつこととかげ



親子に贈る、ちいさな幸せの物語『そらはあおくて』杉浦さやかさんインタビュー

くろいの

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.2

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット