まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ふねひこうきバスきしゃ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふねひこうきバスきしゃ

  • 絵本
作: 塚本 やすし
出版社: くもん出版

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年09月
ISBN: 9784774327938

幼児から
判型:B5変型/本体サイズ:縦19.4×横26.9×厚さ0.8cm

出版社からの紹介

バラバラに壊れてしまった、乗り物のおもちゃ。たろうくんが泣いていたら、見かねたおじいさんが直してくれました。そうしてできあがったのは、船と飛行機とバスと汽車をつなげた、まったく新しいおもちゃ。たろうくんが、それぞれの乗り物に顔をかきいれたら、“ふねひこうきバスきしゃ”の出来上がり。さあ出発です!

まずは、積み木の街。気持ちよく道路を走っていたら、目の前に大きな荷物が落ちてきました。間一髪のところで、飛行機がリードして、空に飛びあがり、危機を脱します。

ふねひこうきバスきしゃは、道路、空、海でトラブルを越えて、どんどん進んでいきます。しかし、ひとつだけ活躍の場がない乗り物があって…。

4つの乗り物を合体させる、新しい発想を生み出したのは、絵本作家の塚本やすしさん。奇想天外な発想と勢いのある物語、大胆で力強い絵で、子どもたちの支持を集めています。

4つの乗り物が合体した、夢の乗り物“ふねひこうきバスきしゃ”。乗り物好きにはたまらないお話を楽しんでください。

ベストレビュー

再生された玩具

たろうくんの玩具は、バラバラに壊れてしまいました。「もう なくな!」と、言っておじいさんが、ふねと、ひこうきと、バスと、汽車の玩具を繋げて作った新しい玩具に再生されました。たろうくんは、直してくれた新しい玩具に顔を描いて、繋げた4台の玩具の会話を楽しみながら「びゅーん」と、空を飛んだり、海の中を楽しんだり、レールに乗りたい汽車は、ゴーカートのレールだったので、またバラバラに壊れてしまいました。みかねたおじいさんが、今度は、「ふねひこうきバスきしゃスーパーロボット」に生まれ変わらせてくれました。再生された玩具がどんどん素敵に甦りました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


塚本 やすしさんのその他の作品

焼けあとのちかい / ありがとうございます / こなものがっこう / もうじゅうはらへりくま / きょう おひさまがでなかったら / 42本のローソク



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

ふねひこうきバスきしゃ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット