ありとすいか ありとすいか
作・絵: たむら しげる  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ある夏の午後、すいかを見つけたありたちは、巣に運ぼうとしてみんなで力を合わせて押しますが、びくともしません。そこで − − − 。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
アヤンダ おおきくなりたくなかったおんなのこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

アヤンダ おおきくなりたくなかったおんなのこ

  • 絵本
文: ヴェロニク・タジョ
絵: ベルトラン・デュボワ
訳: 村田 はるせ
出版社: 風濤社

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年04月
ISBN: 9784892194474

サイズ A4判/ページ数 32p/高さ 28cm

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

戦争なんてだいきらい!おとうさんをなくしたかなしみにおおきくならないことをきめたアヤンダ。コートジボワールの女性作家ヴェロニク・タジョ―アフリカの戦争を憂い描かれた絵本。

ベストレビュー

アヤンダが普通のサイズになれてよかったです

アヤンダが大好きなおとうさんを戦争で亡くしてからは、「大人になんて なりたくないの!戦争をして殺しあうもの」と、大きくならないと心に決めました。おかあさんの具合が悪くなって病院に入院するとおばあちゃんの仕事を手伝えるように少しづつ大きくなるのを望んで、不幸なことは続くものでおばあちゃんが亡くなって弟の面倒を見るためには、自分が大きくなることを望み、村に強盗がやってきたので、自分一人で大きくなって強盗までやっつけたアヤンダでした。自分のことよりいつも家族や村の為に頑張ってきたアヤンダが巨大な体が普通のサイズの体になれて本当によかったと思いました。
(ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




「ちいさなエリオット」シリーズ 作者・マイク・クラウトさん 翻訳者・福本友美子さん対談

アヤンダ おおきくなりたくなかったおんなのこ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット