話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
PUI PUI モルカー かるた

PUI PUI モルカー かるた(フレーベル館)

『PUI PUI モルカー』の名場面がかるたに! みんないっしょにモルあがれ!

  • 笑える
  • 盛り上がる
風と行く者

風と行く者

  • 児童書
作: 上橋 菜穂子
絵: 佐竹 美保
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,980

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年11月
ISBN: 9784035405504

小学校高学年から
22cm×16cm/446ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

つれあいのタンダとともに、久しぶりに草市を訪れたバルサは、若い頃に護衛をつとめ、忘れ得ぬ旅をしたサダン・タラム〈風の楽人〉たち と再会、その危機を救ったことで、再び、旅の護衛を頼まれる。
シャタ〈流水琴〉を奏で、異界への道を開くことができるサダン・タラム〈風の楽人〉の頭は、しかし、ある事情から、密かに狙われていたのだった。ジグロの娘かもしれぬ、この若き頭を守って、ロタへと旅立つバルサ。
草原に響く〈風の楽人〉の歌に誘われて、バルサの心に過去と今とが交叉するとき、ロタ北部の歴史の闇に隠されていた秘密が、危険な刃となってよみがえる。

ベストレビュー

穏やかな筆致、救いの物語。

サブタイトルの通り、守り人シリーズの外伝です。
『天と地の守り人』の後日談であり、バルサがジグロとの旅を思い出しながら進む物語でもあります。

タルシュ帝国との戦から一年半。
バルサは16才の頃にジグロとともに護衛を引き受けた旅芸人<サダン・タラム>と再会し、護衛を引き受けることになります。

16才の初々しいバルサ、最高の武人ジグロ、二人の思い出…外伝ならでは、というんでしょうか。
登場人物たちと一緒に振り返り、物語を慈しむことができます。

上橋さんの「あとがき」に書かれていますが、この物語は『闇の守り人』と一対になっているのかもしれません。

5年後、10年後にも読みたい、大事な一冊です。
(こはこはくさん 40代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。
  • おしょうがつバス
    おしょうがつバス
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    だれが一番に初日の出をみるか、眺めのいい丘まで、干支の動物たちが競争です。除夜の鐘を合図に、しゅっぱ

上橋 菜穂子さんのその他の作品

ほの暗い永久から出でて生と死を巡る対話 / 角川つばさ文庫 鹿の王(4) / 角川つばさ文庫 鹿の王(3) / 上橋菜穂子「守り人」完結セット+「短編集」(全13巻) / 上橋菜穂子「守り人」軽装版完結セット(全13巻セット) / 鹿の王 水底の橋

佐竹 美保さんのその他の作品

[児童版]十年屋(5) ときどき謎解きいたします / [児童版]お天気屋と封印屋 / 岩波少年文庫 小さな手 ホラー短編集(4) / ケケと半分魔女 魔女の宅急便 特別編その3 / 秘密に満ちた魔石館(3) / 那木野、伝説の森で



2022年1月の新刊&おすすめ絵本

風と行く者

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット