しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと

著: 馬場 のぼる
出版社: スペースシャワーネットワーク

本体価格: ¥2,525 +税

「馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年09月21日
ISBN: 9784909087287

A4横 176ページ 並製

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ベストセラー絵本「11ぴきのねこ」シリーズの生みの親、
馬場のぼるの創作の原点にふれる作品集

のんびりしているようで、
世の中を鋭く見つめているんじゃないか。
そんな11 ぴきと一緒に育ってきました
坂本美雨(ミュージシャン)

あらゆる本屋の棚に、置かれ続けて50 年。
「11 ぴき」は今日もニコニコしている。
その秘密が、この中に。
内沼晋太郎(ブック・コーディネイター)

馬場のぼるは、手塚治虫、福井英一と共に“ 児童漫画界の三羽ガラス” として「ポストくん」「ブウタン」などの人気作品を生み出し、その後、漫画で表現していた世界観をそのまま絵本の世界で表現していきました。

とくに、昭和42年に第一作が発表されて以来、約30年をかけて6冊を手がけた代表作の絵本『11ぴきのねこ』シリーズは、テンポの良いストーリー展開と奇想天外な結末によって多くの子どもたちを魅了し、現在まで続くロングセラーとなっています。


本書では、活動初期の貴重な漫画原画やラフスケッチ、アイデアノートなどの資料をとおして、漫画と絵本の世界を往還しながら、深い味わいをもったユーモア世界を生涯追究した漫画家・馬場のぼるの創作の秘密に迫ります。


○寄稿
・「11ぴきのねこ」の魅力     工藤健志(青森県立美術館 学芸員)
・馬場のぼるの絵本       佐藤英和(こぐま社相談役)
・馬場のぼるの漫画       多田ヒロシ(漫画家・絵本作家)
・「“ばばネコ”を、禁じ手にせよ」  豊田きいち(出版評論家)
・馬場のぼるがいた       板倉容子(青森県立美術館 学芸員)

ベストレビュー

貴重な資料

私にとって「11ぴきのねこ」以前、馬場のぼるさんは漫画家さんでした。
私が子どもの頃は、馬場さんの漫画に接する機会もあり、テレビでは「漫画家の馬場のぼる」をよく見ました。
その後、絵本はもちろん紙芝居でも、子どもたちが大笑いする作品に出会いました。
青森県立美術館で開催された回顧展の図録を、増補復刻したものだそうですが、漫画原画のページは見ごたえがあり、絵本の創作に繋がる独特の面白さがありました。
ラフスケッチなどの貴重な資料の数々がまとめられています。
アトリエに残されたカレンダーのアイディアメモにも、日常のささやかな面白さを見逃さない馬場のぼるさんの感性が感じられました。
(みいのさん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

馬場 のぼるさんのその他の作品

11ぴきのねこすごろく / 馬場のぼる ねこと漫画と故郷と / くまのまあすけ / まあすけのぼうし / たらふくまんま / 復刻版 絵巻えほん 大型 11ぴきのねこ マラソン大会



みやこしあきこさん×シドニー・スミスさん インタビュー

馬場のぼる作品集 絵本のしごと 漫画のしごと

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット