まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
おばあちゃんのはこぶね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばあちゃんのはこぶね

  • 絵本
作: M.B.ゴフスタイン
訳: 谷川 俊太郎
出版社: 現代企画室

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

おもいでが わたしをあたためてくれる

おひさまのように。



大人になっても、年を重ねても、ずっと、自分のために大切にしたい一冊。

ゴフスタイン「最期のことば」を収録し、追悼の意を込めて復刊します。



 90歳になるおばあちゃんが、子供の頃にお父さんが作ってくれたノアの方舟と木の人形と、動物たちを大切にしています。おばあちゃんは今でもそれを作ったときのお父さんの声をはっきりおぼえていて、すっかり塗料のはげてしまった木の動物たちを宝物にしています。

 旧約聖書にテーマを借りて、年をとった人も、ずっと前は子供だったことを、ユーモラスに伝えています。このおばあちゃんも、そしてノア自身も心はいつだって若いときと同じなのです。方舟には大切な思い出がいっぱい詰まっていて、いつも心をあたためてくれるのです。



 M.B.ゴフスタインは、様々な手法で絵本を作ってきました。この本のように、ほとんど線だけで描いたものや、パステルを使ったもの、そして自分で人形を作って撮影したものまで、いろいろあります。美術学校で教えていたので、一緒に仕事をしている学生たちの影響を受けて、手法を変えることもありました。

 「とことんまで描いて描いて、ついにはなんだか自然に簡単に描けてしまったような気がするまで描くこと。」生前、ゴフスタインはそう語っていましたが、彼女の絵本はどれもそういう感じを抱かせるのです。

ベストレビュー

素敵

M.B.ゴフスタインの絵本は
シンプルな線で描かれた絵で
お話もしみじみとしたものが多いので読んでみました。

子どものころに作ってもらったおもちゃを
大切にしているおばあちゃんが素敵でした。

「おもいでが わたしをあたためてくれる」
本当にその通りだと思います。
先日写真を整理していて、小さいころの写真を見ていると、
親が大切に育ててくれたことが分かり
嬉しくなりました。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子6歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


M.B.ゴフスタインさんのその他の作品

ねむたいひとたち / ピアノ調律師 / Your Lone Journey あなたのひとり旅 / ピアノ調律師 / ゴールディーのお人形 / 私の船長さん

谷川 俊太郎さんのその他の作品

谷川俊太郎詩集 たったいま / 英日CD付英語絵本 フレデリック Frederick / 完全版 ピーナッツ全集 16 スヌーピー1981〜1982 / 完全版 ピーナッツ全集 17 スヌーピー1983〜1984 / 年少版 にじいろの さかな うみの そこの ぼうけん / あのひと



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その7

おばあちゃんのはこぶね

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット