話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

たそがれえきのひとびと

たそがれえきのひとびと

作: チャールズ・キーピング
訳: わたなべ ひさよ
出版社: らくだ出版

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1983年11月
ISBN: 9784897770420

ベストレビュー

時代背景と味わいと

先に読んだ「ふるいせんろのかたすみで」が30数年前に「たそがれえきのひとびと」というタイトルで出されていたことを知って、読み比べのために探してきた図書です。
タイトルはそれぞれに味わいがあるのですが、キーピングの絵が40年以上前のものだとわかって、2号室に貼られていた若いカストロの肖像も、25万ポンドの重みも実感することができました。
文章の方は、「ふるいせんろの…」の方が現代風で洗練されている感じがしますが、その当時の時代を象徴しているのは、その時代に近い絵本の方が確かかもしれません。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

チャールズ・キーピングさんのその他の作品

アルフィーとせかいのむこうがわ / アルフィーとせかいのむこうがわ / ふるいせんろのかたすみで / チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア / まどのむこう / しあわせどおりのカナリヤ

わたなべ ひさよさんのその他の作品

お月さまのさんぽ


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 総記 > たそがれえきのひとびと

【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

たそがれえきのひとびと

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット