新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
アルフィーとせかいのむこうがわ

アルフィーとせかいのむこうがわ

  • 絵本
作: チャールズ・キーピング
訳: ふしみ みさを
出版社: ロクリン社

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年10月02日
ISBN: 9784907542627

出版社からの紹介

ケイト・グリーナウェイ賞受賞作家の、不朽の名作を新訳で再刊!

霧が立ち込める川沿いの町。船の汽笛と遠くに霞む色とりどりの光。
幻想的な魅惑の世界へ、そっと連れていってくれるお話です。

町の片隅や路上の人々をテーマに、唯一無二の表現スタイルで数多くの名作を遺したチャールズ・キーピング。
本書は、幻想的なロンドンの風景を、少年の視点で描いたキーピングならではの逸品です。

【あらすじ】
テムズ川の砂糖工場の裏に住む少年アルフィー。毎週金曜日に、近所の通りにやってくるバンティおじさん。アルフィーは、バンティが船乗りだった頃に見た「せかいのむこうがわ」の話を聞くのが大好きでした。ある夕暮れ、アルフィーは、霧の中で色とりどりの光を放つ大きな船を見つけます。「せかいのむこうがわ」に行こうと決心したアルフィーは、雑踏に紛れ、その船に乗りこみました。

ベストレビュー

息をのむ

ロンドンの町での男の子の冒険が、なんとも幻想的に描かれています。画力に圧倒されました。とくに、男の子の目線でみた「せかいのむこうがわ」の場面には、息をのみました。ほんとに独特の世界で、目をうばわれます。
(あんじゅじゅさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


チャールズ・キーピングさんのその他の作品

アルフィーとせかいのむこうがわ / ふるいせんろのかたすみで / チャーリーとシャーロットときんいろのカナリア / たそがれえきのひとびと / まどのむこう / しあわせどおりのカナリヤ

ふしみ みさをさんのその他の作品

ぞうになったうそ / わくわく どうぶつ しょうがっこう / うみさちひこ やまさちひこ / いなばのしろうさぎ / もみのきむらの クリスマス / ぼくの! わたしの! いや、おれの!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > アルフィーとせかいのむこうがわ

2022年6月の新刊&おすすめ絵本

アルフィーとせかいのむこうがわ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット