日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
リズムがみえる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リズムがみえる

  • 絵本
著者: トヨミ アイガス
絵: ミシェル ウッド
訳: 金原 瑞人
監修: ピーター・バラカン
出版社: サウザンブックス社

本体価格: ¥3,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「リズムがみえる」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年
ISBN: 9784909125088

上製本/32ページ

出版社からの紹介

『リズムがみえる』は、ダイナミックな絵とリズミカルで詩的な文章で、アフリカ系アメリカ人の音楽の歴史を紐解くユニークな絵本。
黒人音楽のルーツである16世紀のアフリカ音楽から始まり、奴隷歌、ブルーズ、ラグタイム、初期のジャズ、スウィング、ジャズ・ウーマン、ビ・バップ、クール、ゴスペル、R&B/ ソウル、ファンク、そして、現代のラップ/ヒップホップという流れを、キング牧師の演説などの歴史的な出来事や、モータウン・レコードの設立などの音楽シーンの動向と共に理解することができます。 そして、文章中にはところどころに『say it loud im black and im proud』などの有名な曲名が織り込まれており、これには音楽ファンも納得。

アメリカ南部の大農園での労働歌のリズム。ニューオーリンズのバルコニーから見るジャズのリズム。ハーレムのクラブ・サボイではスイングのリズムに乗って踊ろうと誘い、日曜の朝の教会の信者席でゴスペルのリズムを聞く喜びを分かち合おうと招待される。そして、現代のヒップホップへと続く本書は、読者を時を超えた音楽の旅に連れて行ってくれます。

コレッタ・スコット・キング賞、多文化児童書賞、ジェーン・アダムス絵本賞受賞作。

ベストレビュー

アフリカ系アメリカ人たちのリズムが…!

教文館さんの2月のイベントでこの本を取り上げていたので、気になって読んでみました。
素晴らしい内容でした。
監修したトヨミ・アイガスさんが「はじめの言葉」で語ってくれていますが、この本は、アフリカ系アメリカ人の音楽の歴史をアートで描いた作品です。
奴隷商人によって否応なくアフリカから新大陸へ連れてこられたアフリカ人奴隷。彼らの心の叫びが新しいリズム(歌)として誕生し、ある時「ブルース」というリズムの形を生んだのですね。

しかも、その後も彼らの時代の境遇によって、リズムは形を変え、
「ラグタイム」「「ジャズ」「スウィング」「「ビバップ」「「ゴスペル」「ブルーズ」「ソウル」「ブラック・ロック」そして、「ラップ」や「ヒップ・ホップ」へと、新しいリズムが誕生していったなんて、すごいです。

このアフリカ系アメリカ人の歴史と音楽の歴史を融合させて、絵本にしてしまおうというトヨミさんの考え方、斬新で面白いと思いました。
アートはミシェル・ウッドさんという方が描いてくれています。
鼓動を感じる力強いタッチの絵でした。
解説がたくさんついているので、読み聞かせには向きませんが、何かの折に子どもたちに紹介したい1冊です。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子23歳、女の子18歳)

出版社おすすめ


金原 瑞人さんのその他の作品

ケルト神話 黄金の騎士フィン・マックール[新版] / ふたりの約束 アウシュヴィッツの3つの金貨  / マインクラフト なぞの日記 / アポロンと5つの神託(3) 炎の迷路 / 翻訳者による海外文学ブックガイド BOOKMARK / 天才たちの日課 女性編 自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常

ピーター・バラカンさんのその他の作品

タコくんのおにわ



『いつつごうさぎのきっさてん』<br>まつおりかこさんインタビュー

リズムがみえる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット