虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ムム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ムム

  • 絵本
文・絵: みとなつめ
出版社: アソビシステム

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】クマ大好きな三戸なつめさんが描く優しいイラストとストーリー

出版社からの紹介

作・画 三戸なつめによる絵本「ムム」。
三戸なつめが小さな頃から今も大切にしているくまのぬいぐるみとを題材に、小さなお子さんから大人まで楽しめる絵本を制作!

ーストーリー
ぬいぐるみ王国で暮らす、ラッパが得意なくまが、一人前のぬいぐるみになるまでの物語。

ベストレビュー

夢のあるお話でした。

我が家はそんなにテレビを見ないので、
みとなつめさんを知りませんでした。
だから、純粋に絵本だけの感想です。
今までに、絵本を10000冊以上読んできたけれど、
ぬいぐるみ誕生の物語というのは、どうにも思い当たりません。
パート従業員が工場でちくちく縫ってるかもしれないのに、
とっても夢のある素敵なお話に仕立て上げられていました。
お父さんお母さんと離れて一人旅立つ不安とか、
うまくいかないときに助けてくれる友人とか、
うまくいかなくても前向きな気持ちを持ち続けるとか、
うまく表現できています。
ストーリーに無理がない。
5〜7才くらいの子ども(特に女の子)なら理解できるし、
理解しながら読んでもらいたいなと思います。
絵もとってもかわいくて素敵です。

残念なことは、普通に漢字が使われていたこと。
漢字がある本、というだけで、子どもは嫌厭してしまう。
これはもったいない。
あと、背景が白いこと。
美的センスはあるんです。
でも、子どもは、たくさんの情報を欲するもの。
我が息子はとくに、いっぱい書き込みがある本が大好きです。
飽きずに何度も何度も読んで、背景からいろいろなものを見つけだしてきます。
繰り返し読む本=書き込みが多い本といってもいいくらい。
最後に、ごめんなさい。お値段が高いんです!
子どもには本をたくさん与えたい。
半分のお値段の本を2冊買いたいと思ってしまいました。
若い方ですので、これから絵本を作られるときに、
親心も参考にしてほしいと思い、いろいろ書かせていただきました。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子8歳)

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

みとなつめさんのその他の作品

ムム〜しまちゃんのおたんじょうび〜



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

ムム

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.18

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット