虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
リリーとナッツ ゆきのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リリーとナッツ ゆきのクリスマス

  • 絵本
作: 藤岡 ちさ
出版社: 佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年10月30日
ISBN: 9784333027873

3歳から
28ページ

みどころ

主人公は、仲良しリスの姉妹、リリーとナッツ。
大きなしましまのしっぽがとってもチャーミング!

季節は冬、もうすぐクリスマスです。
リリーとナッツのうちでも、家族みんなでツリーの準備が始まりましたよ。リリーが拾った木の実の飾りやクッキーを飾りつけ、てっぺんに星をつけたら、仕上げにお父さんが取り出したのは綿。

「ほんものの ゆきみたいだろう?」

こうして、ツリーは完成です!
でも、二人は気になることがあります。
「ねえ、おとうさん、ゆきって なあに?」
お父さんはお風呂の泡を使って教えてくれますが…。

そして、待ちにまったクリスマスイブの日。
リリーとナッツがサンタさんにお願いしていたのは、一体なんだったのでしょう?

家族で過ごすクリスマス。その準備の楽しさや、イブの夜の暖かい食事の様子、ワクワクした気持ちで迎えるクリスマスの朝。そんな、ささやかだけれども幸せな時間が、強く印象に残る愛らしい絵で描きだされます。この世界観、どこかで見覚えがあるような…? そう思った方もいるかもしれませんよね。作者の藤岡ちささんは、人気の洋菓子店クッキーの箱の絵を長く手掛けられている画家さんです。初の絵本は、お菓子箱を手にとった時のようなドキドキを味わえる、愛らしいクリスマス絵本になりました。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

リリーとナッツ ゆきのクリスマス

リリーとナッツ ゆきのクリスマス

出版社からの紹介

仲良しのりすの姉妹、リリーとナッツは、お父さんから「雪」の話を聞き、サンタさんに、あるお願いをすることにしました――。いったい、どんなことをお願いしたのでしょうか…? クリスマスを迎えるりすの家族の、ワクワク感を描きます。クッキーの箱の絵でおなじみの画家の、初の絵本です。

ベストレビュー

可愛いクリスマス絵本。

幼児期向けの絵本かも知れませんが,可愛らしいイラストに魅了され,小学校2年生の我が家の娘が一人読みしました。
りすのリリーとナッツが雪のクリスマスを楽しむお話です。
ホワイトクリスマス,いいですね!
表紙のイラストもクリスマス雰囲気いっぱいで飾っても素敵ですね!
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


藤岡 ちささんのその他の作品

りすたちのはるなつあきふゆ



『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

リリーとナッツ ゆきのクリスマス

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット