つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
でんとうが つくまで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

でんとうが つくまで

  • 絵本
文・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年10月05日
ISBN: 9784834084313

読んであげるなら:4才から
自分で読むなら:小学低学年から
24ページ/26×24cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

電灯が光る仕組みをわかりやすく解き明かす

電灯はなぜ光るのでしょう。電気が来ているからです。では、電気はどうやって作られるのでしょう。山に雨が降ってダムへ水がたまり、その水力で発電所の水車を回すと、電気が起こるのです。その電気が電線を使って家の中に届くと、電灯がつきます。一見すると難しいこの流れを、この絵本は親しみやすい絵でわかりやすく解き明かします。また、水だけでなく火、風、潮の満ち干など多くの力から電気が作られることも紹介します。

ベストレビュー

わかりやすい!

1冊を通して、
まさに電灯がつくまでをわかりやすく説明してくれています。
水力発電で水が「みずぐるま」を回し、発電し、
変電所を通って各家庭へ。
最近、産業技術館というところで、
この模型を見てきたのですが、
それが見事に絵本になっている。
家で復習ができました。
現在小3の息子は電気の学習が始まったばかり。
電気自体にかなり興味をもっていて、
ちょうどよいタイミングでこの本に出会うことができました。

初版は1970年。
「水ぐるま」は、現在だったら「タービン」っていうかな。
時代を感じてちょっとおもしろいです。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


加古 里子さんのその他の作品

いろいろ おにあそび / たこ / 加古里子のかがくの世界 あそびとくらし 絵本セット / だんめんず / ごむの じっけん / わたしも いれて!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 電気 > でんとうが つくまで

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

でんとうが つくまで

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット