INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
紙芝居 てんぐのはなくらべ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 てんぐのはなくらべ

脚本: 堀尾 青史
絵: 岡野 和
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

紙芝居ベストセレクション 第3集

作品情報

発行日: 2018年07月
ISBN: 9784494080694

3歳〜
判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm 頁数:12場面

出版社からの紹介

ポロシリ山の赤てんぐは青てんぐにいばってばかり。ある日、青てんぐが「チチン プイプイ オッペケペ…」と鼻をもむと、鼻はするすると、野をこえ、田んぼをこえ、お城の中までのびていった。お城の女中が物干し竿代わりに着物を掛けたから、青てんぐは立派な着物を手に入れた。それを見た赤てんぐがまねをして鼻をのばしたら…。抜きの効果で、呪文とともにてんぐの鼻がぐんぐんのびて見えるのが楽しい紙芝居。

ベストレビュー

意地の張り合いもほどほどに

てんぐの鼻は便利なようで、伸ばしすぎには危険もいっぱいですね。青てんぐには見返りがあったけれど、赤てんぐはさんざんでした。 妙な意地の張り合いではなく、仲良く暮らすのが一番だというお話。 のびた鼻がどうなったかはお楽しみです。
子どもたちにウケそうな紙芝居です。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


堀尾 青史さんのその他の作品

紙芝居 つきよとめがね / 紙芝居 きんいろのさかな / 紙芝居 ハンスのしあわせ / 紙芝居 やぎじいさんのバイオリン / 大型紙しばい こねこのしろちゃん / 紙芝居 のばら

岡野 和さんのその他の作品

紙芝居 おにろく / 紙芝居 小太郎のばけものたいじ / アウシュビッツからの手紙 / 詩集・胸のどどめき / 紙芝居 はなさかじいさん / おまつり村


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 てんぐのはなくらべ

【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

紙芝居 てんぐのはなくらべ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット