まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
ラーバンとラボリーナのクリスマス
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ラーバンとラボリーナのクリスマス

  • 絵本
作: インゲル・サンドベリ
絵: ラッセ・サンドベリ
訳: きむら ゆりこ
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ラーバンとラボリーナのクリスマス」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2006年10月
ISBN: 9784591094518

5歳〜

みどころ

 スウェーデンで人気者、おばけのラーバンとラボリーナのシリーズが日本語版で待望の登場です。グッズも出ているようですよ。独特な細い線や色使いが北欧らしい洗練された雰囲気で目を引きます。でもキャラクターはとってもキュートです。

 「オヒサマオハヨウ城」に住んでいる、おばけ一家のラーバンと妹のラボリーナ。今回はクリスマスが待ちきれないラボリーナのお茶目な騒動のお話です。
 季節はもうすぐクリスマス。とっても楽しみにしているラボリーナはどの日までとても待ちきれません。カレンダーをたくさんめくって無理矢理クリスマスイブの日にしてしまいますが。
ラボリーナはとっても活動的な女の子。こう、と思ったらじっとしてられないのでしょうね。叫んだり、飛び回ったり、ちょっと無茶をしますが・・・そんなラボリーナに愛を持って接するのが家族達。ラボリーナの性格を分かった上で一緒に楽しんじゃっている様子がいいですね。
 一風変わったクリスマス絵本としても楽しめます。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

出版社からの紹介

ちいさなおばけのラボリーナは、サンタクロースを心待ちにしています。クリスマス・イブの日、そんなラボリーナのところにやってきたのは・・・・・・。

ベストレビュー

わかるわかるラボリーナの気持ち

5歳4歳の娘たちに借りました。クリスマスを楽しみにしているラボリーナ。早くクリスマスが来てほしいと思い、カレンダーを進ませちゃいます。我が家の姉妹も早くきてほしいと思ったようでアドベントカレンダーを何枚もめくろうとしていて、子供ってどこも同じなんだなー、クリスマスは子供たちにとって特別なんだなーと改めて感じました。またこのシリーズの別のものを読みたいと思います。
(きーちゃんママさん 30代・ママ 女の子5歳、女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


インゲル・サンドベリさんのその他の作品

アンナちゃん、なにがみえた? / ラーバンとラボリーナの「はあい、いますぐ」 / おばけのラーバン

きむら ゆりこさんのその他の作品

わたしが うまれるまで / みみりんのかいすいよく / もみの木 / ぬまばばさまのさけづくり



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

ラーバンとラボリーナのクリスマス

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット