まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
紙芝居 ぼうさまがくれた にわとり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

紙芝居 ぼうさまがくれた にわとり

脚本: 津田 真一
絵: 伊野 孝行
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「紙芝居 ぼうさまがくれた にわとり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

2016年度定期刊行紙しばい ともだちだいすき

作品情報

発行日: 2017年01月
ISBN: 9784494092475

判型:B4判/サイズ:26.5×38.2cm 頁数:12場面

出版社からの紹介

正月も近いある日、おばばが熱で寝こんでしまい、おじじは炭を売りに町へ出かけた。炭はちっとも売れなかったが、おじじは一人の坊さまによびとめられ、炭をすべて火にくべた。ところが、坊さまはお金がないという。かわりに、その場で彫った木のにわとりをくれて……。

ベストレビュー

おじじの顔が、幸せを呼びそうな顔で素敵でした。

1場面目のおじじの顔が、絵描き歌のような顔で、印象的でした。
口元が何とも言いえない“幸せをよびそう”な口だなぁと、思いました。
絵を担当されている伊野孝行さんは、五山賞もとっている方で、はっきりとした線で、一場面一場面とても見やすかったです。
お坊さんの顔から飛び出している眉毛とかも、しっかり設定して描かれているなぁって、笑っちゃいました。(こういう人いますよね。うちの主人の義父もそうでした)
川でおぼれそうになるところはおいといて、最後に「主人公が幸せになる」読んでいて(聞いていて)安心感のあるストーリーです。
12場面で、ストーリー性のある作品なので、小学校の4年生以上にいかがでしょうか。
(てんぐざるさん 50代・ママ 女の子24歳、女の子19歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


津田 真一さんのその他の作品

紙芝居 ひそひそねずみとおばあさん / 紙芝居 ひらひら ホッホロ / 紙芝居 いのししのおんがえし / 紙芝居 しっぺいたろう / いないいないばあっ! ぶうちゃんのおさんぽ / 紙芝居 やつばけずきん

伊野 孝行さんのその他の作品

昔話法廷 Season4 / 昔話法廷 Season3 / おしらさま / 昔話法廷 Season2 / 円周率の謎を追う 江戸の天才数学者・関孝和の挑戦 / 昔話法廷


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > 紙芝居 ぼうさまがくれた にわとり

ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

紙芝居 ぼうさまがくれた にわとり

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット