話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

おかあちゃんがほしい

おかあちゃんがほしい

著: 梓 加依
出版社: 素人社

税込価格: ¥1,980

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おかあちゃんがほしい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

原爆投下と取り残された子どもたち

作品情報

発行日: 2018年06月
ISBN: 9784881704080

ベストレビュー

貴重な実話から浮かび上がる子どもたちの生きる力

著者が、原爆投下後の孤児たちを支援していた教会シスターから聞き取った実話をもとに、フィクションという形で再構成した記録です。
ここで紡ぎ出されるのは、懸命に自力で生きようとした子どもたちの姿です。
もちろん、数多くの大人たちが、損得無しで援助してくれていたということも。
題名は、大人から、何か欲しいものは?と問われての、答え。
ストレートで、なんと切実な響きでしょうか。
しかも、子どもが、自身も困窮している中で、年下の子を世話しながらの言葉というのが、絶句です。
子どもたちの行動が次々と語られますが、その生きる力に圧倒されます。
さらには、ちゃんと、手を差し伸べてくれる大人も確かに存在したということのありがたさに、ただただ敬服です。
そして、視点は、今の子どもたちの現状にも向けられます。戦渦でもないのに、翻弄される子どもたち。
そう、手を差し伸べなければならない子どもたちが、今の時代にも存在しているということ。
大人がちゃんと自覚しないといけないことだと思います。
(レイラさん 50代・ママ )

関連記事

出版社おすすめ

  • ぴょん
    ぴょん
    出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    新しい季節がやってきました。うれしくなってだれかがぴょん!言葉のリズムとユニークな絵が楽しい絵本



Z会無料セミナー「生きるチカラを育む」

おかあちゃんがほしい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット