まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
楽しいオーケストラ図鑑
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

楽しいオーケストラ図鑑

監: 東京フィルハーモニー交響楽団
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥2,200 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年10月05日
ISBN: 9784092211230

6〜15歳
A4判・64p

出版社からの紹介

教科書では教えてくれないクラシック入門本

日本でもっとも古く、日本を代表するオーケストラ、東京フィルハーモニー交響楽団が監修する
本格的な音楽図鑑です。
そもそもオーケストラってなに? 楽器にはどんな種類があるの? 指揮者の役割って?など素朴なギモンはもちろん、
音楽の教科書では教えてくれないオーケストラのおもしろ話がいっぱいです。
本書では、東京フィルの楽団員たちが自分が演奏する楽器を紹介しています。
楽器のしくみ、楽器の細かい部分を楽しむことができ、プロの音楽家のしごと内容もわかります。
またコンサートマスターや指揮者の役割、コンサートのつくられかたなど
オーケストラが丸ごとわかる一冊となっています。
楽器を習っているお子様はもちろん、これからなにか楽器をはじめたいと思っているお子様のクラシック入門本として
最適です。

ベストレビュー

音楽に興味のないお子さんも。

小3の息子は、
楽器を習っているわけでもなく、
これから習いたいということもなく、
音楽の授業で特段活躍することもなく、
ぼちぼちやっているだけの子どもですが、
最近一番おもしろかったのがこの本だとのことです。

オーケストラにまつわるあれやこれやが、満載です。
楽器一つ一つについて、丁寧に説明されていて、
ホルンはとっても難しいんだって、
とか、
この楽器は湿度に弱いらしいよ。
とかいちいち報告にきます。
中学では吹奏楽部に入りたいと言いだしました。
音楽に興味がない子のきっかけにもいいですよ。
(Tamiさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


東京フィルハーモニー交響楽団さんのその他の作品

オ−ケストラ大図鑑 音楽ってかんたん!おもしろい!


絵本ナビホーム > 児童 > 図鑑 > 音楽・舞踊 > 楽しいオーケストラ図鑑

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

楽しいオーケストラ図鑑

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット