まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せな あいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
かあちゃんの ジャガイモばたけ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かあちゃんの ジャガイモばたけ

  • 絵本
作: アニタ・ローベル
訳: まつかわ まゆみ
出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年09月
ISBN: 9784566080423

21×26cm/40ページ

出版社からの紹介

ジャガイモをつくって、二人の息子を大切に育てていたかあちゃん。ところが息子たちは兵士になるため家を出てしまいます。さて、かしこいかあちゃんは、どうやって息子たちをとりもどしたでしょう? 1967年に発表された作品がカラー版になって再登場。アニタ・ローベルの平和への願いをとどけます。

ベストレビュー

母親の気持ちがよくわかり

戦争をしている国の間で、ジャガイモを作って暮らす母子。
『第八森のこどもたち』で、農家のおばさんたちが
自分たちの食料を与えているお話を読んでいたので、
この話で自分たちだけ蓄えているのに
自己中な印象を最初受けました。

でも、息子たちが兵隊に憧れ、出ていく場面は切なく、
私も息子二人を育てているので
できるだけ戦争から遠ざけたいという母親の気持ちがよくわかり、
私だったらどうするだろうと思いながら読みました。

最後のかあちゃんの演技や固い信念には拍手をしたいぐらい
かっこよかったです。

戦争はどの国でも起こってほしくないと
母親になると余計強く思います。
(まことあつさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アニタ・ローベルさんのその他の作品

いたずらトロルと音楽隊 / ニニ、まいごになる / ニニのゆめのたび / ふしぎのたね / きれいな絵なんかなかった / こもりうた

まつかわ まゆみさんのその他の作品

めをとじて みえるのは / 英日CD付英語絵本 コロちゃんはどこ? Where’s Spot? / 英日CD付 英語絵本 ねえ、どれがいい? Would you rather… / 3びきのくま / だいすきだよ ぼくの ともだち / きずついたつばさをなおすには


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学、その他 > かあちゃんの ジャガイモばたけ

『ねぇ、ママ? 僕のお願い!』つんく♂さん 初絵本出版記念インタビュー

かあちゃんの ジャガイモばたけ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット