新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
ごりらかあさん

ごりらかあさん

  • 絵本
作: のぶみ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年11月01日
ISBN: 9784097268215

3〜7歳
B5判変・34p

出版社からの紹介

親子の愛が詰まった「とにかく笑える」絵本

もしかしたら うちのかあさんは ごりらなのかもしれない……
ぼくは そううたがいながら まいにち いきてます

幼稚園児・こたろうと、こたろうが「ごりらなのかもしれない」と疑うおかあさんの、ゲラゲラ笑えて、ジーンと感動する、新しい絵本シリーズが誕生!

いつものように、こたろうのヘンテコな替え歌や質問に、ごりらかあさんはツッコんだり、仰天したり。そんな楽しくも賑やかで騒々しい親子のゴールデンタイムに、ズルおママから怒りの電話がかかってくる。

こたろうが、ズルおくんとケンカをし、ケガをさせてしまったのだという。ごりらかあさんは、こたろうを連れて、すぐに謝りにいくが……

こどもがとにかく腹をよじってゲラゲラ笑う、奇想天外の絵本。ぜひこどもに読み聞かせてあげてください。


【編集担当からのおすすめ情報】
こどもからすると、おかあさんは大きくて、まるでごりらのように強くて、たくましくて、かっこいい存在なのだと思います。そんなこどもの視点から生まれた「ごりらかあさん」は、大人が読んでも面白くて笑ってしまうシーン、思わず涙ぐんでしまうシーンがいっぱいあります。

げんきいっぱい、こどもたちがゲラゲラ笑う姿はなんとも幸せなもの。読み聞かせしているうちに、読んでいる親の側が元気になってくる本でもあります。この絵本が、そんな親子の微笑ましい光景の中心にありますように。

プレゼントにもオススメです。

ベストレビュー

子離れしないだろうなあ・・・・・・

こたろうくんは、孫のお友達にいます。ちょっと、こたろうくんに親近感を持ちました。愛情たっぷりのごりらかあさんは、こたろうくんが成長して親離れしても、子離れしないだろうなあとちょっと心配になってきました(笑)自分の子どもは、「かあさんね。あなたが なにしようと 世界一 だいすきよ」って、思ってしまいますね!どの親でも一緒だなあと思いました。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


のぶみさんのその他の作品

パンダのパンツちゃん / ぼく、仮面ライダーになる! セイバー編 / とじこめられた! / ひめちゃんのマスク / さらう宇宙人図鑑 / ぼく、仮面ライダーになる! ゼロワン編


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 絵画・彫刻 > ごりらかあさん

児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載【ひさかたチャイルド】

ごりらかあさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット