しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
魔女ののろいアメ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

魔女ののろいアメ

  • 児童書
作: 草野 あきこ
絵: ひがし ちから
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

消費税法改正に関するお知らせ
月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 1章ためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年10月15日
ISBN: 9784569788104

小学校低学年〜
A5判上製/80ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

家族のことを、好きかと聞かれたら?
この物語の主人公「サキ」は、今はとても「好き」だなんていえる気分じゃないようで……

「おねえちゃんなんか、だいきらい」

サキは、お友だちと遊びにいってしまったおねえちゃんの代わりに、借りた本を返すため図書館に向かっていました。
重たい本がたくさん入ったカバンのせいで、肩はズキズキ、心はイライラ……
「おねえちゃんの、ばか、ばか、ばか!」
おねえちゃんの悪口をいいながら道を歩いていると——

「おじょうちゃん、アメ、いらないかい?」

サキに話しかけてきたのは、なんと魔女の飴屋!

魔女はサキに、「おすすめの、とっておきのアメ」を売ってくれました。
それは、だれかの悪口を10個言いながら混ぜるととてつもなく不味いアメになるという、「のろいアメ」でした。
「のろいアメ」はあまりにもまずくて、それを食べた人は丸一日気絶したまま目覚めないといいます。

のろいアメを完成させるために、おねえちゃんの悪口を考えるサキ。
10個どころか、20個でも30個でも言えてしまえそうだと意気込むサキだったのですが——?

家族って、ほんとにむずかしいですよね……。
そんなふうに悩むのは子どもも大人もおんなじなんだよなあと、しみじみ感じ入ってしまいます。
ずっといっしょにいるからこそ、きらいなところだって好きなところだって、たくさんある!
ぜんぶひっくるめて、わたしたちは家族なんだ――
そんなメッセージを力強く発信する、あたたかな作品です。

良からぬたくらみを持ちながらも、どこかひょうきんで、間の抜けた魔女。
かわいらしい彼女のおかげか、「家族の嫌いなところを思い起こしていく」という物語ながら、まったく重たい雰囲気はありません。

サキに渡した「のろいアメ」が成功したら、もっとたくさんの人間にばらまいてやるんだと魔女はほくそ笑むのですが……サキのつくる「のろいアメ」が、思わぬ結末を招くことに――!?

そこにいることがあまりにも当たり前になってしまっている、家族という存在。
そんな家族をあらためてちがう角度から見つめ、とらえなおすきっかけになる一冊です。

(堀井拓馬  小説家)

魔女ののろいアメ

魔女ののろいアメ

出版社からの紹介

 日曜日、サキはお姉ちゃんが借りてきた本も一緒に図書館に返しに行くことになりました。お姉ちゃんは、遊びに出かけてしまったのです。

 図書館に行く途中、いつもはない「アメ屋」と書かれた屋台を見つけました。すると、屋台のおばあさんが、実は自分は魔女なんだと言いだしました。そして、魔女はとっておきの「のろいアメ」をサキに売ってくれると言うのです。のろいアメは、だれかさんの悪口を10個言いながらまぜてつくるアメ。それは、苦くてからくてすっぱくて、食べた人はひっくり返るくらいまずいアメになるそうです。サキは、魔女からのろいアメを買うことにしました。

 サキは、早速お姉ちゃんの悪口を言いながらのろいアメをまぜていきました。おねえちゃんの悪口は、20個でも30個でも言えそうです。「おねえちゃんは、いばりんぼう。それに、くいしんぼうでうそつき……」と、言っていると、だんだんアメが固くなってきました。ところが……。

ベストレビュー

面白い1冊。

小学校低学年の本年度の課題図書ですが、小学校3年生の娘がj一人読みしました。
(読書感想文は他の本のを書いたので課題図書云々関係なくよみまいした)
我が家の娘は一人っ子なので、姉妹ってこんななんだ〜と思いながら読んだかもしれません。
児童書ならではの醍醐味も感じられる1冊でもありました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


草野 あきこさんのその他の作品

おばけ道、ただいま工事中!?

ひがし ちからさんのその他の作品

えんふねにのって / サンドイッチ ぎゅーっ / ゆきのひのだんまりうさぎ / だんまりうさぎとおほしさま / だんまりうさぎときいろいかさ / なんにもできないおとうさん



友達のように仲良くなった坊やとライオンのやさしい物語

魔女ののろいアメ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット