新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ムカッ やきもちやいた

ムカッ やきもちやいた

  • 児童書
作: かさい まり
絵: 小泉 るみ子
出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2018年10月
ISBN: 9784774327761

小学校低学年から
本体サイズ:縦26.6×横21.6×暑さ0.8cm ページ数:32

出版社からの紹介

わたし(るい)は、転校生のあんりちゃんが、自分の仲良しのふうこちゃんと仲良くしている見てなんだか「ムカッ」。

放課後、ふうこちゃんが、一緒に帰ろうと誘ってくれても断ってしまいます。うしろにあんりちゃんがいたから「ムカッ」ってしちゃって…。なんで「ムカッ」ってするのかな?

この気持ちなんだろう? 帰宅したわたしは、弟が赤ちゃんにやきもちやいているの見て自分の「ムカッ」の気持ちが“やきもち”だということに気づきます。

次の日の学校でも、わたしはまた「ムカッ」。

でも、体育の時間、もう「ムカッ」ってしたくないなと思いながら走っていたわたしに、ふうこちゃんの応援の声がきこえました。全力で走りおわって、わたしは、ふうこちゃんとあんりちゃんに自分から話しかけます。そのとき、わたしは、なんとなくやきもちの気持ちが消えていることに気づくのでした。

やきもちは、ほっておくとどんどんふくらんで、いじわるしたくなったり、自分も苦しくなる。だから、やきもちは、うまれたばかりのとき、大きくなる前になくしてしまったほうがいい。

これは、できたてのやきもちの気持ちに、自分で気づいて、友だちとの関係のなかでそれを解消して一歩進んでいく女の子のお話です。

【普遍的なテーマと読み応えあるストーリー展開が魅力】

どの子にも思いあたる「ムカッ」という気持ち。読者は、絵本から、自分の気持ちを振り返ったり、友だちのとの関係へと思いを巡らせていくでしょう。

ベストレビュー

とても共感出来る内容でした

転校生がやって来て、自分の親友と仲良く時間を過ごしている。

これは、女の子としては本当にモヤモヤするだろうなぁと、激しく共感してしまいました。
その気持ちが「嫉妬」であることをまだ子供だから知らないけれど、きっと時々感じていた気持ちかもしれない。
でも気持ちの行き場がなくて、モヤモヤ・・・

それを乗り越えて、転校生の子とも親友とも一緒に仲良くなれたところでは、「ああ、成長したなぁ・・・」と子供の成長を喜ぶ親の気持ちになってしまいました(笑)
(hime59153さん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


かさい まりさんのその他の作品

きょうりゅうのサン きょうぼくはなまえをもらった / かしたつもり×もらったつもり / ばあちゃんのおなか / きょうりゅうのサン いまぼくはここにいる / えらいこっちゃのいちねんせい / とくべつないちにち

小泉 るみ子さんのその他の作品

ありがとうげんきでね / 出発 から草もようが行く / わらいじぞう / きょうはやきにく / なきむしにかんぱい! / みてろよ!父ちゃん!!


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、小説・物語 > ムカッ やきもちやいた

出版社イチオシの絵本・児童書を読んでみよう!レビュー大募集

ムカッ やきもちやいた

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット