話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
不思議堂古書店三代目のベストセラー大作戦 痛快! 天才キッズ・ミッチー

不思議堂古書店三代目のベストセラー大作戦 痛快! 天才キッズ・ミッチー

  • 児童書
著: 宗田 理
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2018年03月20日
ISBN: 9784569785530

小学校高学年から
四六判/並製/231ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

不思議堂古書店の一人娘、ミッチーこと大木未知子は大の本好きの小学生。ミッチーは古書店の店番をつとめる傍ら、小説家志望の冴えない中年男・栗原一郎の原稿の助言役も担い、次第に出版プロデューサーを意識する。

そんな折、古書店の倉庫から幕末裏面史の資料が見つかる。「これをネタにして書けば、絶対面白い小説になる!」……ミッチーの激励に栗原は興奮して、小説『密偵Mの日記』の執筆に挑戦するが……。

その執筆が暗礁に乗り上げた栗原は、やがて方向転換し、中華料理店の主人を取材して『ラーメン一代』という「自分史」を書いたところ、それが思わぬ大ヒット作に。

ミッチーは一方で、幼馴染で中学生の小紋譲治がミステリーの才能を秘めていると気づき、執筆を勧める。さらにミッチーを介して栗原の初恋が生まれ、男女カップルの作家が誕生……。

大ベストセラー作家が、読書界を舞台に、痛快な天才キッズの活躍を生き生きと描く!

ベストレビュー

プロデュース!

「ぼくらの七日間戦争」等の作者、宗田理さんの作品。
タイトル通りに小学生とは思えない天才キッズ・ミッチーの痛快な活躍が楽しめました。
本を読むのは私も好きですが、ミッチーのように作家の才能を開花したり、指導したりは全くできそうもないです。
続きが出るようなら、読みたいですねー。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子7歳、女の子5歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


宗田 理さんのその他の作品

角川つばさ文庫 ぼくらの秘密結社 / 探検!いっちょかみスクール 魔法使いになるには編 / 悪ガキ7 いたずらtwinsと仲間たち / 角川つばさ文庫 ぼくらの『第九』殺人事件 / 角川つばさ文庫 ぼくらのいじめ救出作戦 / 劇場版アニメ ぼくらの7日間戦争


絵本ナビホーム > 児童 > 単行本 > 日本文学、小説・物語 > 不思議堂古書店三代目のベストセラー大作戦 痛快! 天才キッズ・ミッチー

『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー

不思議堂古書店三代目のベストセラー大作戦 痛快! 天才キッズ・ミッチー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット