まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
だいこんさん おふろに はいる
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

だいこんさん おふろに はいる

  • 絵本
作: 岡田 よしたか
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年11月01日
ISBN: 9784569788166

4〜5歳から
幼年・小学初級 A5判変型上製 32ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

「おふろ はいって きれいになろ」

そう言ってお風呂場に向かっているのは、大根のきょうだい達。
小さいの、ひょろ長いの、でかいの、太っているの。
見るからに個性的な4兄弟は、入る前に葉っぱを取ってもらい、タオルを頭にかけて。

彼らは今日、お料理をしてもらう日なのです。
かけ湯をして、体をしっかり洗い、みんなで仲良く湯船に入ります。
鼻唄なんて歌いながら、すごく平和な光景です。

なんだ、なんだ、この感じ。
岡田よしたかさんの描く食べ物たちは、いつも目や鼻なんて付いていないのだけれど。
足も手もはえていないのだけれど。
ものすごく、生きている!
体の向きを変えるだけで、会話まではずんじゃって。
おまけに湯船にはブリやくしカツさんまで入ってきて…!?

はしゃいでいた彼らは、そのまま自然にぶり大根にお料理されていくのです。
あんなに豊かな体の4兄弟、美味しいに決まってます。

「ぼくらが おかずやがな」
「あ、そやったな」

そこにあるのは大いなる違和感、だけど自然体でほのぼのしてて。
おまけに関西弁がしっくりきていて笑ってしまう。
『くしカツさんちは まんいんです』『はずかしがりやの バナナくん』に続く、岡田よしたかのユーモア絵本シリーズ第3弾も、やっぱりかなりクセになる面白さです。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

だいこんさん おふろに はいる

だいこんさん おふろに はいる

出版社からの紹介

今日は、大根のきょうだいがお料理をしてもらう日です。葉っぱをとってもらったきょうだいは、お風呂に入りました。かけ湯して、湯船に入って、体をあらって、歌をうたいます。

そこへ、「わしも いれてー」と大きなブリが入ってきました。窮屈なのでブリには出て行ってもらうと、次に入ってきたのは、なんとくしカツさん! ところが、お湯では物足りないようで、油のお風呂に入りに行ってしまいました。

湯船では、大根のきょうだい4人が、もぐりっこをすることになりました。「いくでー、せーの!」

『くしカツさんちは まんいんです』『はずかしがりやの バナナくん』に続く、岡田よしたかのユーモア絵本シリーズ第3弾! 
大根のきょうだいが繰り広げる関西弁の掛け合いのテンポがよく、ユーモアたっぷり! 読み聞かせにもオススメの一冊です。

ベストレビュー

たのしく笑える絵本

はじめに かけ湯してからのフレーズ部分が面白かった。
お風呂に入る前に、子どもたちにいっていた言葉なので懐かしく
思いました。
せまい湯船に子どもたちといっしょに入って、もぐりっこなども
経験して楽しかったです。
さて、大根さんたちの兄弟もきれいになり、夕ご飯のおかずになってくれる
あたりは関西弁なので、いやみがないですね。
たのしく笑える絵本の一冊で本棚に置いてあります。
(ゆうちょさんさん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダのパンやさん
    パンダのパンやさん
     出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
    金の星社 創業100周年記念出版!パンダのパンやさんは大にぎわい。下町の銘店へ、パンの配達にでかける

岡田 よしたかさんのその他の作品

おにぎりに はいりたいやつ よっといで / さくらもちのさくらこさん / すすめ! かいてんずし / おべんとうばこの なかから / オニのきもだめし / ジャンケンの神さま



『ぼっちとぽっち くつしたのおはなし』まつばらのりこさん インタビュー

だいこんさん おふろに はいる

みんなの声(7人)

絵本の評価(4

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット