宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
クリスマスのおかいもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスのおかいもの

  • 絵本
文: ルー・ピーコック
絵: ヘレン・スティーヴンズ
訳: 小宮 由
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年10月
ISBN: 9784593100163

3,4歳〜
サイズ:260×225/ページ数:32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

もうすぐ クリスマス。
まちに プレゼントを かいに やってきた
ノアと ぞうのオリバー。
おじいちゃんや おばちゃんたちへの プレゼントを
ママと いっしょに えらんでいたのですが、
さいごは クタクタに なっちゃった……。
おかいものって もう たいへん!
クリスマスのドキドキやワクワクと、
小さな子どもの成長をえがいた絵本。

ベストレビュー

クリスマスリーズンにおすすめの絵本。

小学校2年生の娘が一人読みしました。
未就学児でも十分に共感できる内容の本です。
日本の子供達はサンタクロースや大人からクリスマスプレゼントをもらうのが習慣になっていますが,外国ではおじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントを用意するのですね。
異国文化も感じることのできるクリスマス絵本に思いました。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ヘレン・スティーヴンズさんのその他の作品

ミミと まいごの赤ちゃんドラゴン / トルーシー・トルトルとトラ / ロバのジョジョとおひめさま / おばあちゃんからライオンをかくすには / やっぱり ノミタくん! / ライオンをかくすには

小宮 由さんのその他の作品

きれいずきのマグスおばさん / うちの弟,どうしたらいい? / ヤナギ通りのおばけやしき / どうぶつたちのナンセンス絵本 / こわいオオカミのはなしをしよう / ぼくは くまですよ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その9

クリスマスのおかいもの

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット