新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ
話題
バムとケロのカレンダー2021

バムとケロのカレンダー2021(文溪堂)

今年もバムとケロのカレンダーが出来ました!

マレスケの虹
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

マレスケの虹

  • 児童書
作: 森川成美
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2018年10月31日
ISBN: 9784338287180

小学5・6年生から
判型/サイズ 四六判  ページ数 243ページ

出版社からの紹介

第二次世界大戦期のアメリカ・ハワイ。日系二世の少年マレスケは、よろず屋を営む祖父の元で貧しくも平和に暮らしていた。だが、1941年12月、日本軍による真珠湾攻撃を境に環境は激変してしまう……。

ベストレビュー

抗う

森川成美作品を読むのは初めてのことだ。この作品を読み前に、モーパーゴが児童移民を描いた『希望の海へ』を読んでいた。

『マレスケの虹』を詠み始めた瞬間、モーパーゴと通じるものがあると思った。

その通じるもののが何なのかしばらく考えてみて、わかったことがある。それは「抗う」ということ。

二つの作品に共通しているのは、市井に生きる人たちの戦争、移民、そして時代や環境に押し流されそうになった時の出来得る限りの抗い方だ。

私たちは、生活の中で生き抜くために、何かしら意に添わないけれど、あきらめなくてはいけないことが出てくる。その時に「しかたがない」と言って何もしないまま従うのと、極限状態であっても何かしら自分を貫く行いをするとでは違うのだ。

この作品の中の主人公のマレスケの兄・広樹の生き方が印書深かった。戦争時、私がこの家族の中にいたら、きっと私は広樹と同じような選択をしてしまう人間な気がする。

国籍・人種を考える前に、一人の人間であることをまず思う。本を読んで、自分自身の中にある変えられるもの・変えられないものを考えた。良い作品との出会いに感謝したい。
(はなびやさん 50代・ママ 男の子18歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


森川成美さんのその他の作品

きみが、この本、読んだなら とまどう放課後 編 / はじめくんがっこうへいく / 最強戦国武将伝 豊臣秀吉 / ポーン・ロボット / さよ 十二歳の刺客 / なみきビブリオバトル・ストーリー2 決戦は学校公開日



【連載】9月の新刊&オススメ絵本

マレスケの虹

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

ママの声 1人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット