しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ひょうたんめん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ひょうたんめん

  • 絵本
文: 神沢 利子
絵: 赤羽 末吉
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,850 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2017年11月
ISBN: 9784835455365

判型: 247×204mm・上製 頁数: 32 頁

出版社からの紹介

「赤羽末吉の名作絵本」復刊第2弾!
こわ〜い妖怪だけど憎めない!
オモシロ可愛い妖怪「ひょうたんめん」のおはなし。

『なきたろう』で好評を博した赤羽末吉の復刊絵本第2弾。
今回は鹿児島県種子島に伝わる妖怪「ひようたんめん」の民話を、『くまの子ウーフ』や『ふらいぱんじいさん』など数々の児童書で知られる神沢利子が文章化。神沢&赤羽という大型コンビによる絵本です。

種子島の妖怪「ひょうたんめん」は、塩も馬も食ってしまうという恐ろしい妖怪。
山に住み、村人に悪さをしては、困らせていました。
ある日、馬をひいて塩を買いにでかけた「おとじろうまごじろう」という村人は、
帰りが遅くなってしまい、びくびくしながら家路を急いでいました。

そこへ後ろから「おーい、その塩、食わせろ〜」と呼ばわる声が!
「出た〜!!」恐れていた妖怪「ひょうたんめん」の登場で、
「ひょうたんめん」と「おとじろうまごじろう」の攻防戦が始まります。

はたして最後に勝つのは…!?

ひょうたんの形をした妖怪「ひょうたんめん」が何ともユーモラス。
怖いけど可愛い「ひょうたんめん」のファンになること、間違いなしの一冊です。

ベストレビュー

ちょっとまぬけなひょうたんめん

ひょうたんの形をした”ひょうたんめん”が、凄く怖いのですが、ちょっとまぬけなところがあってよかったなあと思いました。ひょうたんめんは、美味しそうに塩をムシャムシャ食べ、馬にもひょうたんめんは、耳まで裂けたその口で馬にかぶりついてがぶりぺろりん。川に映った影をおとじろうまごじろうさんだと思って何度も川に飛び込むちょっとまぬけなところもあって、退治されてよかったです。種子島の伝わる日本昔話でした。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


神沢 利子さんのその他の作品

うすむらさきの花の下は? / もしも… / さるとかに / さんびきのくま / くろねこトミイ / おばあさんのひっこし

赤羽 末吉さんのその他の作品

新装版 私の絵本ろん 902 中・高校生のための絵本入門 / いしになった かりゅうど モンゴル民話 / あかりの花 中国苗族民話 / うりこひめと あまんじゃく / おへそがえる・ごん (2) おにのさんぞくやっつけろの巻 / おへそがえる・ごん (3) こしぬけとのさまの巻



SNS犯罪から子どもを守るために。友達思いなにわとりのお話

ひょうたんめん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット