話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
星砂のぼうや

星砂のぼうや

作: 灰谷 健次郎
絵: 坪谷 令子
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1993年
ISBN: 9784494012299

ベストレビュー

作者からのおもいがたくさん。

幼い頃、石垣島へ旅行に行ったとき
砂浜一面に広がった星砂に感激し、
その頃、ガイドさんに
「この砂はどうやってできたの?生き物?」
と質問した事を覚えています。

その頃に自分でいろいろと調べて星砂は
バキュロジプシナと言う有孔虫だと言う事は知っていました

では、砂浜にある星砂は?生きてるの?死んでるの?
疑問が出てきますね。
実はその有孔虫の形骸なんです。
さて、どうして砂浜一面、こんなにたくさんの
形骸があるのでしょうか?

それは、戦争でうみが汚染されてしまい
海の中のたくさんの生物たちが死んでしまって
浜に打ち寄せられたから。

沖縄を愛して沖縄にも長いこと滞在されていた灰谷さん。
灰谷さんは沖縄の自然に感動しつつ
その背景で昔あった戦争についてとても考え
させられたと聞いてます。

そんな沖縄思いの作者、灰谷さんは星砂のぼうやや
お話しを通して平和の尊さを訴えてる様に感じました。

前半は星砂の母子のほんわかした雰囲気
後半はいのちの尊さを描かれてます。
実際にみた星砂の浜を思い浮かべながら
作者からのメッセージを感じました。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子8歳、男の子5歳)

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

灰谷 健次郎さんのその他の作品

ひとりぼっちの動物園 / 角川つばさ文庫 兎の眼 / 我利馬の船出 / 子どもになりたいパパとおとなになりたいぼく / なんやななちゃん なきべそしゅんちゃん / 先生はシマンチュ一年生

坪谷 令子さんのその他の作品

ギュッてして / ヒロシマのピアノ / ホラーハウスは海からいっぷん / 満月の百年 / 島物語5 とべ明日へ / 島物語4 ほほ笑みへかけのぼれ



2月の新刊&オススメ絵本情報

星砂のぼうや

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット