ハロウィンのかくれんぼ ハロウィンのかくれんぼ
作: いしかわ こうじ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
ハロウィンのかくれんぼ
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
なんげえはなしっこしかへがな
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

なんげえはなしっこしかへがな

  • 絵本
文: 北 彰介
絵: 太田 大八
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「なんげえはなしっこしかへがな」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年11月20日
ISBN: 9784776408819

3歳から
30×22p 32頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

みどころ

ラジオやテレビ、漫画もなかった昔って想像できますか?
天気のいい日はスキーやそり遊び。でも、吹雪や雪に閉じ込められることが多い、昔の北国の子どもたちの楽しみは、お年寄りが語ってくれる昔話でした。
こたつやいろりのそばで、お年寄りがその土地の言葉で語り継ぐ、昔話や里山の不思議なお話――そんな文化が、いま消えさろうとしています。

なんげえはなしっこしかへがなー―長いお話を話してやろうかな、というタイトルがつけられた本書には、津軽弁で語られる昔話が7篇収められています。 

長い長いへびが山の向こうに遊びに行く話、かっぱが泳ぎを教えてもらう話、かみなりさまのふんどしを引っ張ってしまった人間のお話、鬼ばばとおしょうさんの知恵くらべ――。
子どもなら胸をときめかせずにはいられない、ちょっと怖くて、どうなっちゃうんだろうとドキドキするようなお話ばかりです。

本書を開いたら、ぜひ声に出して読んでみてください。

ガアってば ポタン、ガアってば ポタン。
ガア ポタン ガア ポタン

せみぁ ミン ミン ミンってば、
やまばとぁ デデッポッポ。
ミン ミン ミン デデッポッポ
ミン ミン ミン デデッポッポ
ミン ミン ミン デデッポッポ

津軽弁を知らなくても、リズミカルに読めませんか?
そして、同じ言葉の繰り返しが多いのは、「果てなし話」と言われる昔話の手法だそうです。お話をするたびに、子どもたちが「もうひとつ!」「もっとお話しして!」とせがむ。ところが、おばあさんが語るお話は、いつまでたっても同じ言葉の繰り返し……。
「まだ終わらないの〜?」という子どもに、「くりの実ぁ、何千何万もあるんだ。まだ二十より落ちてねえんだよ。ガア ポタン……」と続けるので、「もういい」と子どもたちが自らこたつを飛び出すそうです。いやはや、なんてユニークな大人の知恵なのでしょう!

著者の北彰介さんは、子どものころ、おばあさんが語ってくれた津軽弁とともに昔話を記憶しているそうで、「方言の語り口の中に、昔話のおもしろさと生命力がひそんでいるように思う」とあとがきに書いています。
著者の記憶には、声と音と物語、そしておばあさんと一緒に過ごした時間が分かちがたく残っているに違いありません。

寒くて暗い時間を、いかに楽しく笑って過ごすか。
昔からの知恵や土地の伝承をいかにして伝えていくか。
人間のたくましさ、物語の力をぞんぶんに味わえる絵本です。

(絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

昔、津軽では、おじいさんやおばあさんは子どもたちに次々にお話をせがまれると、「なんげえはなしっこしかへがな」と言って、「からすがガア くりの実がポタン」「はちがブンブン」などの繰りかえしが延々と続く「果てなし話」を語りました。なんとも愉快な昔話を、北彰介氏の生き生きとした津軽弁と、太田大八氏の味わい深い絵でお届けします。

北彰介氏は、あとがきで次のように語っています。「文章は、津軽弁ですが津軽弁のまねをする必要はありません。熊本の人は熊本の、京都の人は京都のアクセントやイントネーションで『なんげえはなしっこしかへがな』を読んで(語って)ください」

●本書収録「くりの実」の朗読を聞くことができます。 
BL出版ホームページ www.blg.co.jp/blp
津軽弁・語り部 野澤秀昭さん(青森県児童文学研究会会長)

ベストレビュー

方言の温かさ

短くても長ーい話が!!??収録されています。

ゆったりとした気分でのんびりと声に出して読んでみてください。
その、何ともいえないひなびた面白さが沸いてきます。
そして、何度も何度もいつまえもいつまでも読んでいたっくなってしまいます。

方言の温かみも感じられます。
(aiaiさるさん 70代以上・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


北 彰介さんのその他の作品

せかいいちのはなし / けんか山 / なんげえはなしっこしかへがな / へえ六がんばる / こぞっこまだだが

太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / もういいかい / もしも… / 岩波少年文庫 月からきたトウヤーヤ / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(9) 古田足日子どもの本 / くらす 五感のえほん5



せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

なんげえはなしっこしかへがな

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット