虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
おばけバッタ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけバッタ

  • 絵本
作: 最上 一平
絵: 石井 勉
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「おばけバッタ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

うつくしくて、なつかしい雑木林や田畑を背景に、勇一とわたるの友情がみずみずしく描かれた、味わい深い作品。

ベストレビュー

心の動きが手にとるように・・・

「おばけ」のバッタ?
おばけのようにでかいバッタ?かな

と、カバーには
バッタではなく、鳥のなんだろう?
中表紙には
バッタの正面の顔と
2人と思われる手が・・・

あ・・・文字が多いかな・・・と

主人公の4年生のわたると
同じ地区の友達はひとりしかいないという勇一
その勇一の部屋での2人の様子から始まります
で、すぐに事件!が起こります
事件といっても
わたるがひとりでしちゃう
いけないこととはわかっていて
出来心というのでしょうか

バッタを自慢する勇一が悪い!からーとは
思うものの
さらにわたるは、いけないことをしてしまいます

その心の葛藤が上手く表現されていて
小学4年生の頃の
なんともいえない
自分の感情のコントロールが出来ない様子が
伝わってきます

空の青さの中に跳ぶバッタの逆光のために
黒く写る様・・・
あ・・・
中表紙の絵も
手で翼を現したワシのピンバッジなのかな

自然の中で
2人の様子を通して
いろいろ感じる所があるのではないでしょうか

夏休みに読んでほしいかも!
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


最上 一平さんのその他の作品

たぬきの花よめ道中 / あしたもチャーシューメン / ポプラ世界名作童話(20) 飛ぶ教室 / こころのともってどんなとも / さけが よんひき / 三月十日の朝

石井 勉さんのその他の作品

きんたろう / きつねの童子安倍晴明伝 / はやたろう / カブトムシのなつ / 後藤竜二童話集3 / みんなでよいしょ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

おばけバッタ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット