話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる
おばけバッタ

おばけバッタ

  • 絵本
作: 最上 一平
絵: 石井 勉
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784591070437

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

うつくしくて、なつかしい雑木林や田畑を背景に、勇一とわたるの友情がみずみずしく描かれた、味わい深い作品。

ベストレビュー

心の動きが手にとるように・・・

「おばけ」のバッタ?
おばけのようにでかいバッタ?かな

と、カバーには
バッタではなく、鳥のなんだろう?
中表紙には
バッタの正面の顔と
2人と思われる手が・・・

あ・・・文字が多いかな・・・と

主人公の4年生のわたると
同じ地区の友達はひとりしかいないという勇一
その勇一の部屋での2人の様子から始まります
で、すぐに事件!が起こります
事件といっても
わたるがひとりでしちゃう
いけないこととはわかっていて
出来心というのでしょうか

バッタを自慢する勇一が悪い!からーとは
思うものの
さらにわたるは、いけないことをしてしまいます

その心の葛藤が上手く表現されていて
小学4年生の頃の
なんともいえない
自分の感情のコントロールが出来ない様子が
伝わってきます

空の青さの中に跳ぶバッタの逆光のために
黒く写る様・・・
あ・・・
中表紙の絵も
手で翼を現したワシのピンバッジなのかな

自然の中で
2人の様子を通して
いろいろ感じる所があるのではないでしょうか

夏休みに読んでほしいかも!
(しいら☆さん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ストーブのふゆやすみ
    ストーブのふゆやすみの試し読みができます!
    ストーブのふゆやすみ
    作:村上 しいこ 絵:長谷川 義史 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    村上氏のテンポよい関西弁のお話を、長谷川氏のユーモア満載のイラストで描いた笑える一冊。

最上 一平さんのその他の作品

おばけえん / たぬきの花よめ道中 / あしたもチャーシューメン / ポプラ世界名作童話(20) 飛ぶ教室 / こころのともってどんなとも / さけが よんひき

石井 勉さんのその他の作品

きんたろう / きつねの童子安倍晴明伝 / はやたろう / カブトムシのなつ / 後藤竜二童話集3 / みんなでよいしょ



今月の新刊&オススメ絵本情報

おばけバッタ

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.6

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット