100円たんけん 100円たんけん 100円たんけんの試し読みができます!
文: 中川 ひろたか 絵: 岡本 よしろう  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
100円でなにが買える? お金の見方がちょっと変わる、 はじめてのお金えほん!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
さるの てぶくろ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

さるの てぶくろ

  • 絵本
作: 花岡大学
絵: 野村 たかあき
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り5

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2018年12月10日
ISBN: 9784790253648

5歳〜
横21.3×縦26.3cm 28ページ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

峠のいただきに、やさしくほほえむおじぞうさまがおまつりしてありました。
峠をのぼってきたひとりの女の子が、おじぞうさまのそばに、赤い手袋が落ちているのを見つけます。
女の子は両手をあわせて、ていねいにおがんでから、おじぞうさまに話しかけました。
「この赤い手袋ね、持ち主の人が探しにいらっしゃるまで、おててにはめていてくださいません? あたたかいでしょう。ね、いいきもちでしょう」
そのようすを木の上から、一匹の子ザルが見ていました。
もう、そのすてきな赤い手袋がほしくてしかたがなくなってしまった子ザルは、つい、おじぞうさまにうそをついてしまいます。
「おじぞうさま、その手袋は、わたしが落としたのです。おかえしくださいませ」

手袋を手にいれておおよろこびの子ザル。
ところが、木に登ろうとしても、手がすべって落っこちてしまいます。
木に登れなくなったのが手袋のせいだとわからない子ザルは——
いつくしみにあふれ、教訓に富んだ童話!
木版画で描かれた枯れた山々のと、木枯らしに吹かれて枯れ草に立つおじぞうさまの姿が、身を切るような寒さを感じさせながらも、どこかあたたかく胸に染み入ってきます。
やわらかく弧を描く眉のしたでつむられた目と、ささやかにほほ笑む口元のおじぞうさま。
対して、まんまと手袋を手にいれて浮かれたり、おそるおそるといったようすでおじぞうさまをうかがったりと、表情豊かな子ザル。
その対比があざやかで、おじぞうさまの表情がさらにやさしげに目に映ります。
心やさしい女の子の、おじぞうさまにむけた言葉も印象的。
とてもていねいでうやまいの心にあふれていながら、どこか家族に話しかけるように親しげなそのセリフがかわいらしくて、ほっこりとほほえましい気持ちにさせてくれます。
どこか懐かしい、そんな読み心地の一冊です。

出版社からの紹介

落とし主が現れるまで赤い手袋をはめたお地蔵さま。子ザルがその手袋欲しさに、それは自分の手袋だとうそをついて、取り上げたら…

ベストレビュー

こざるが、可愛いです。

手袋を拾った女の子が、お地蔵様に手袋をはめてあげます。その様子を木の上から見ていたこざるが、赤い手袋がほしくなってお地蔵様に嘘をついて自分のものだと言ってもらいます。手袋をはめているから、木から落ちることを知らないこざるは、お地蔵様に嘘をついたことを丁寧に謝って赤い手袋を返しているこざるが、とても素直で可愛いと思いました。木版画がとても素敵でした。
(押し寿司さん 60代・じいじ・ばあば )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


花岡大学さんのその他の作品

かえってきたはくちょう / 百羽のツル / 花岡大学 仏典童話新作集 3 / 花岡大学 仏典童話新作集 2 / 花岡大学 仏典童話新作集 1 / 世界一の石の塔

野村 たかあきさんのその他の作品

講談社の創作絵本 せかいのくにで おめでとう! / そこつ長屋 / しばはま / ねこのさら / たなばたにょうぼう / 紙芝居 おにたとおふく



優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

さるの てぶくろ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット